広告




現代と昔の身長の違い・年齢別・性別での身長の違い




最近の子供たちは、昔に比べてずいぶんと背が高くなりました。文部科学省による「学校保健統計調査」によると、子供たちの平均身長は、100年以上前の1901年と比べて、男子は13.2cm、女子は11cmも高くなっていることが分かっています。どうして、こんなにも子供たちの身長が伸びたのでしょうか?



子供の身長の伸びには、食べ物が大きく関係している

このように子供の身長が伸びた理由として、生活習慣、特に栄養面が劇的に改善されたことが、もっとも大きな要因であると考えられています。

戦後、食生活は、「炭水化物」中心の和食から、肉などの動物性「タンパク質」を多く食べる欧米型の食事になりました。はっきりとしたことは分かっていませんが、タンパク質を摂取するようになったことで、体のつくりが変化し、欧米人のように、身長が高く、骨格もがっしりとしてきたようです。

タンパク質は筋肉や骨の材料となりますし、成長ホルモンもタンパク質の一種です。タンパク質の摂取量と成長には密接な関係があり、大人よりも子どもの方がタンパク質は必要だとされています。

子供の身長は、遺伝だけでは決まらない

さて、100年前に比べて、子供の身長はぐんと伸びましたが、この100年の間に、遺伝子に大きな変化があったとは考えられませんね。「遺伝子が変わっていないのに、身長が伸びている」ということは、つまり、子供の身長の伸びは、遺伝だけで決まるものではないということが分かります。

よく、家族全員の身長が低かったり、高かったりするご家庭を見かけますが、これは、「遺伝だから」とは言い切れるものではありません。体型が似ているのは、家族が一緒に暮らしていることで、同じような食生活であったり、生活習慣が似ていることが要因ではないかと考えられます。

そのため、低身長の両親なのに、その二人の間に生まれた子は、バスケットボールやバレーボールなどの運動が好きで、両親の身長を抜いて大きく育っているということもあるのです。

一応、医学的には「身長と遺伝」に相関関係があることが認められています。とはいっても遺伝要因は2割しかなく、残りの8割は環境要因で決まりますので、気を落とされる必要はありません。環境要因で背を伸ばすためには「食事・睡眠・運動」の生活習慣をしっかりと整えることが大切です。

近年は身長が伸び悩んでいる!

しかし、90年代までは、子供の平均身長は伸び続けていましたが、2000年以降は、身長の伸び率が低下しています。この原因としては、食事・睡眠・運動といった子供たちを取り巻く生活環境に問題があるようです。身長が伸びるためには、3度の食事で十分な栄養をとり、夜はぐっすりと眠り、適度に運動することが大切です。

しかし、最近は、偏食・睡眠不足・運動不足の子供が多く見られます。「子供の身長が伸びない」と、悩んでいる方は、日々の生活環境を見直して、問題がないか考えてみましょう。

スマートフォンを子どもが持つようになったことも、成長不良に拍車がかかるのではないかと懸念されています。スマートフォンで夜更かしをする子どもが増えていて、寝不足の問題が深刻なのです。「成長ホルモン」が分泌されるためには、8時間程度の睡眠をしっかり取ることが重要だとされています。

男子と女子では、身長の伸び時が違う!

身長の伸びる時期は、年齢や性別によっても異なります。男子と女子の身長は、小学生の間は、それほど差はありませんが、中学生になると10cm以上の差が生じるようになります。身長の伸びには、思春期を迎える時期と大きな関係があります。

女子の場合、個人差がありますが、10歳前後で、身長の伸びのピークを迎えます。そして、10~12歳前後で思春期が訪れるのと同時に、それ以降の身長の伸びは緩やかになります。
一方、男子の場合は、12~14歳ごろに思春期を迎えます。思春期を迎えるまで、グングンと身長が伸び、15歳以降は、緩やかに伸びていきます。

つまり、女子は男子に比べて、平均して2年ほど早く思春期を迎えるため、2年分成長期が短いことになります。女子でも、思春期を迎えるのが遅い子は、その分、身長の伸びる時期が長くなりますので、身長が高くなります。

小学校高学年ぐらいになると身長が低いことで精神的にダメージを負ってしまう子もいますし、中学生になると部活動が始まります。特にスポーツ系の部活に入っている人は「身長が低い」ことで実力差が出てしまいレギュラーになれないなどの悩みも出てきます。

思春期の男の子は「身長が低い」ことで女の子に好かれないんじゃないかと落ち込んでいる子もいるかと思います。

中学生になっても身長が低く、悩んでいるお子さんをお持ちのママさん、パパさんはぜひこのサイトの中学生になっても身長が低い、伸びないと悩む子供にしてあげられること の記事を参考にしていただきたいと思います。

まとめ

現代と昔の身長の伸び方を比べることで、身長が伸びるためには、遺伝よりも、食生活が大きく関わっていることが分かっています。大切なわが子が、しっかりと成長できるようにするためにも、バランスのよい食生活が重要です。

肝となるのが「カルシウム」と「タンパク質」です。肉については現代の食習慣ではほとんど足りていますので牛乳、魚、野菜などの食事を偏らないように食べることを心がけましょう。

また、身長の伸びる時期は、男子と女子によって異なりますし、個人差もあります。高校生になっても、成長期の過程であれば、身長が伸びる可能性は十分にありますよ。大学生になってから伸びる人だっています。お子様の身長を伸ばしたい方は、食事や睡眠、運動といった生活習慣を改善するなど、規則正しい生活を送れるようにしてあげて下さいね。



また栄養ある食事にサプリメントをプラスすることで飛躍的な子供の成長が期待できます。
子供の身長応援サプリ選びで悩んだら子供の栄養サプリ徹底比較! 成長期に一番おすすめなのはどれ? こちらの記事で徹底比較しているのでぜひチェックしてみてください!