[基本]子供にしっかり運動と睡眠を取らせて身長を伸ばす!

子供の身長を伸ばす秘訣は「栄養」「運動」「睡眠」

子供の身長を伸ばすには「栄養」「運動」「睡眠」が重要というのは様々な本やネットで説明されています。
実際に我が子もこの3つのポイントに意識しながら子育てをして、実際に平均身長より2cm以上低かったところから平均身長まで伸ばすことができました。
今回の記事ではその3つのポイントの中から「運動」と「睡眠」について考察していきたいと思います。
運動

子供の身長を伸ばすのに運動って必要なの?

栄養、運動、睡眠の3つのポイントの中で、おそらく1番重要視されない項目が「運動」でしょう。栄養は言わずもがな体内に直接入ってきて強い身体や身長を伸ばすなど直接的に関係してきますし、睡眠においても「身長が伸びるのは夜寝ている時間」であるから非常に重要だと言われています。
しかし、実は3つ目の「運動」というポイントも、子供の身長を伸ばす上で上記の2つのポイントと同じくらい重要なポイントなのです。
なぜ運動が重要なポイントになるかというと
成長ホルモンが分泌されるのは睡眠中と運動運動開始15分後~運動後数時間」であること、特にジャンプする運動をすることで骨を刺激し成長ホルモンが分泌されること、運動をすることで毎日良い睡眠がとれることです。
過度な運動は逆効果になる可能性がありますが、適度な運動をしている子供と運動不足の子供では成長ホルモンの分泌量にかなりの差が出て、それが身長の伸びる伸びないに関係してくるのです。

現代の子供はゲームやYouTube(将来のなりたい職業にユーチューバーというのがランクインしていましたが・・・)などの観すぎで運動をする機会が減ってきているようです。ニュースでも毎年子供の運動能力が落ちてきているなどの報道がされていたりしますが、圧倒的に「運動量」が減ってきているのです。近年の子供が昔と比べて身長が高くなっているのは大幅に改善された日本の食事文化(お肉や栄養満点の食事)にあります。実はこの数年間ではその身長の伸びが止まってしまったという報道もありました。
しかし、運動量やその運動の質を改善することでまだまだ身長の伸びる可能性がある子供はたくさんいるのではないかと思っています。特にゲームやYouTubeなどを観すぎたりしている圧倒的に運動量が足らない子に運動してもらうことで、まだまだ日本人の身長も伸びていくのではないでしょうか。

どのような運動をすると成長ホルモンが分泌されるの?

運動をすれば身長を伸ばすのに有効だというのはお分かりいただけたかと思いますが、一体どんな運動が効果的なのでしょうか。それを把握できれば闇雲に運動させるよりももっと効率的に子供の身長を伸ばすことができますので、可能な範囲で実践してみましょう。

答えはズバリ、骨に対して「縦方向の刺激を与える運動」をさせることです
過度なウェイトトレーニングは骨の伸びしろである軟骨を損傷させてしまいますので避けましょう。
また、マラソンなど長時間で激しく消耗してしまう運動も避けるべきです。その運動自体に大きなエネルギーを使ってしまうため、栄養摂取量が足りなくなって身長が伸びなくなってしまいます。
どんなスポーツが適しているのかというと、バレーボールやバスケットボールなどのジャンプする回数が多いスポーツや、常に上下運動している軽めのジョギングが効果的ともいわれています。
また、体への負荷が少なく、全身運動ができるという意味でも水泳もおすすめです。水泳選手って意外と背が高い人が多いイメージがありますよね。

子供の質の良い睡眠、できていますか?

子供には「10時間ぐらい睡眠時間が必要」と昔からいわれています。もう少し詳しく言うと、乳幼児は1日の睡眠時間合計14時間程度、1歳ごろでは合計12時間程度、3歳~6歳では11時間程度、小学生では10時間程度の睡眠時間が理想というわけです。

これって意外と難しいと思いませんか?

10時間の睡眠ということは、夜21時に寝て、7時に起きる計算になります。
ここでポイントなのが、「小学生の登校時間は意外と早い」ということ。地域や学校によっても違うかもしれませんが、大体8時までに登校という人が多いのではないでしょうか。
そうなると7時起きでは少し遅いので、6時30分には起きなくてはなりません。10時間の睡眠を逆算すると夜20時30分には就寝しなければ10時間の睡眠は得られないのです。
ちなみに我が家は子供の小学校が遠いので6時15分に起きて7時過ぎには家を出ます。それなので夜は最低でも21時には寝かせたいのですが、宿題やら明日の用意やらゲームやらでなかなかうまくはいかないのですが・・・。

同じようになかなか早寝早起きができないというお子さんも多いのではないかと思いますが、最低でも小学生で9時間、未就学児で10時間は寝かせたいところです。

寝ている間に成長ホルモンが子供の脳から分泌されるので、特に分泌量の多い22時~2時の間はしっかり質の良い睡眠を取らせる工夫をしましょう。
寝る直前にテレビやゲーム、YouTubeなどを観せると脳が興奮状態になり安眠できなくなりますし、寝る直前の食事も禁物です。ゆっくりとお風呂に入り、体の疲れを取ってから静かな状態でお布団に入れてあげましょう。

また栄養ある食事にサプリメントをプラスすることで飛躍的な子供の成長が期待できます。
子供の身長応援サプリ選びで悩んだら子供の栄養サプリ徹底比較! 成長期に一番おすすめなのはどれ? こちらの記事で徹底比較しているのでぜひチェック!

当サイトのおすすめは抜群のカルシウム吸収率を誇る「アスミール」です。
このサイトでも「アスミール」を徹底している「これがベスト!子供の身長が伸びない悩みにカルシウム吸収率抜群の「アスミール」で身長を伸ばす 」という記事で詳しく解説していますのでぜひチェックしてみてください。