広告




身長を伸ばしたい子供の成長に必要な栄養素とその重要性




お子さんの健やかな成長を願って、お料理にも奮闘しているお母さん達は多くいらっしゃることでしょう。

そんな中、お子さんのために、必要とされる栄養素や、その重要性を知っておくと、今後役に立つ場面が増えるかと思います。

例えば、献立のメニュー決定や、お子さんの教育など。生活の場で活躍する知識ではないでしょうか。

今回はそんな、こどもの成長に必要な栄養素の紹介と、その重要性について述べさせて頂きたいと思います。


子供の骨と筋肉を形成していくための栄養素、タンパク質を摂ろう!

まず、はじめにタンパク質ですが、この栄養素は骨、筋肉を作るために必要とされる成分です。

タンパク質は肉類、魚類、卵、豆類、乳製品に含まれていますが、単にそれだけを摂れば良い、というものでもありません。

筋肉を作るために、タンパク質のほか、糖質、ビタミンB群、ミネラルも摂取する必要があります。

糖質は炭水化物にも含まれているので、ご飯やパン等と一緒に肉類、魚類、卵、豆類も食べるのが効率的ですね。

ビタミンB群とは、8種類のビタミンをまとめて指す言葉です。ビタミンB1が含まれる食材には、胚芽米や玄米、豚肉などがあり、ビタミンB1以外にも、それぞれ違うビタミンの種類や、食材があります。

ミネラルを含んだ食材は魚介類や海藻をはじめ、きのこ類や豆類、芋類、濃厚な加工牛乳など、多く存在するため、少し意識するだけでも、摂取することは難しくありません。しかし、上述させて頂きましたが、これらを全部取り入れた献立を考えるのも一苦労です。

出来る範囲で料理をし、それでも不足がちで子供が体調を崩してしまうのであれば、サプリメントで補うことも選択肢のひとつです。



筋肉、脳の活力として働く、炭水化物を摂ろう!

上述したように、炭水化物には糖質が含まれており、それは筋肉、脳が活動するための重要なエネルギー源になります。もちろん、過ぎたるは及ばざるが如し。いたずらに食べ過ぎると、肥満の原因になりがちです。

しかし成長期の子どもや、もっと年齢の低い幼児などには、特に大切な栄養素となります。活力を得るため、積極的にお米、パン、もち、じゃがいも、パスタなどを食べるのが良いでしょう。

特に、朝ごはんを抜いてしまうことは、脳を活性化させるにおいて非常に不利となり、思考が鈍くなってしまうことが多いです。そうなってしまうと、勉学や、体育などの授業においても、なかなか力を発揮できません。

朝ごはんをはじめとして、3食、日々の食事を摂ることは、頭や身体を動かすための大事な生活習慣です。未成年のお子さんがいらっしゃるご家庭は、なるべく3食摂ることを、お子さんに勧めてあげてください。

不足しがちな栄養素、鉄分、食物繊維、ビタミンを摂ろう!

子供が現代において不足しがちな栄養素に、食物繊維、鉄分、ビタミンが挙げられます。

食物繊維は、お通じを良くするための作用があり、お腹の調子を整える為に欠かせない栄養素です。

次に鉄分ですが、この栄養素は、血液の中で赤血球のヘモグロビン成分となり、身体中に酸素を送るのに必要なのです。

ビタミンは、中でも必須ビタミンといわれる、体内で生成できない栄養素が含まれており、これが不足し続けると、体調不良を起こしやすくなったり、特定の病気にかかりやすい状態になったりしてしまいます。上述した栄養素はどれもが、健康な身体を育んでいくのに必要な要素といえるでしょう。

食物繊維は茹でたいんげん豆やおから、よもぎ、こしあん、昆布佃煮、グリンピース、ひじき、ごぼうなどに含まれております。

そして鉄分は、豚肉、鶏肉のレバー、パセリ、卵黄、大豆、煮干しなどに多く含まれています。

最後にビタミンですが、必須ビタミンと呼ばれる栄養素だけでも8種類あるので、その中から、ビタミンB1とビタミンB2、ビタミンCが多く含まれる食べ物をご紹介させて頂きます。

ビタミンB1が多く含まれる食べ物は、豚ヒレ肉、生ハム、鶏もも肉、いくら、明太子など、肉類や魚介類に集中しています。

次にビタミンB2は、豚肉のレバー(肝臓)や牛レバー(肝臓)、納豆やいくら、焼きたらこ、卵黄、焼き海苔などに多く含まれていて、鉄分が含まれる食べ物がいくつか重なっていますね。そしてビタミンCは、赤、黄ピーマン、アセロラジュース、レモン果汁、キウイフルーツ、いちご、ハム、つまみ菜、など、果物を主に、水分の多い野菜や加工肉に含まれています。

さて、以上となりましたが、いかがでしょうか。

栄養素の含有量が多い食べ物の中には、お子さんにとって苦手なものも含まれている可能性の高い、ラインナップですね。

上述したように、サプリメントで補うやり方もあるので、焦らずに栄養を摂取していきましょう。

「子供にサプリメントなんて必要ないんじゃない?」というパパさんママさんも多いのではないかと思いますが、毎食いろいろな食材を使い豊富なメニューを子供に食べさせることができているママさんのお子さんにはサプリメントはあまり必要ないかもしれません。

しかし、近年は共働きのご家庭も増えており、なかなかお子さんに満足のいく「栄養ある食事」を作ってあげられないご家庭も多いと思います。(わたくしの家庭も日々時間に追われなかなか子供たちファーストな食事を食べさせてあげられてないのですが)

この「子供にサプリメント」を摂取させるというのは賛否両論あるかと思います。
このサイトでも子供にサプリメントは危険?そのメリットとデメリットとはという記事で説明していますので、ぜひチェックしてみてください。

無理に食べることを続けたら、逆に心が調子を崩したり、食事が嫌になったり、特定の食べ物が一層嫌いになってしまう場合もあるので、我慢して食べる事も必要ですが、なぜそうする必要があるのか。

それがお子さんに伝われば、食事について考える機会を作るきっかけになるかもしれません。

栄養不足で生じる体調不良とは

栄養不足、と一口に言っても様々な症状があります。

上述した栄養素の中から抜粋し、それが不足し続けてしまったら、どのような体調不良に見舞われやすくなるのか。例として挙げてみますので、よろしければ御覧ください。

カルシウムの不足で引き起こされる症状

イライラしやすい、というのが一般的に伝わっている症状のひとつです。しかし、他には……

  1. まぶたがピクピクと痙攣する
  2. 運動をしていないにも関わらず、足がつってしまう
  3. 物忘れしやすくなる
  4. 骨の発育に支障をきたす
  5. 手足がしびれやすくなる

以上のような症状も起こりやすくなります。成長期のこどもにとっては特に、骨の発育は、身体づくりにおいて、とても大切な要素です。

煮干しや、牛乳など、摂取できる食べ物、飲み物を選んでいきましょう。

鉄分の不足で引き起こされる症状

  1. めまいや立ちくらみなど、貧血症状が出る
  2. 神経過敏
  3. 頭痛
  4. 疲れやすい
  5. 重い肩こり

他にも、精神的な症状では、不安や苛々、鬱、ヒステリー、身体症状では、冷え性や低血圧、喉がいつも痛い、風邪をひきやすい、肌のカサつき、下痢や便秘などが挙げられます。

とくに女の子にとっては、月経も相まってつらい症状が重なったり、人によっては重い症状となって現れてしまいます。

鉄分を食事で毎日摂るには、少し骨が折れるかもしれませんので、サプリメントなどで補っていきましょう。

食物繊維の不足で引き起こされる症状

食物繊維の不足で現れる、代表的な症状の中には便秘が挙げられます。食物繊維は整腸作用もあるので、それが不足してしまうと、お通じをはじめとし、特定の病気を引き起こしやすい身体になってしまいます。

  1. 肥満・糖尿病になりやすい
  2. 大腸がんになりやすい
  3. 動脈硬化を起こしやすい
  4. 高脂血症になりやすい
  5. 虚血性心疾患になりやすい

他にも、便秘が長く続くと吐き気や、免疫力の低下が起きている場合などは発熱も生じやすくなります。

そうなってしまった場合は、すぐお医者様に診察してもらい、下剤や座薬、時には点滴など、適切な処置を受けてくださいね。

現代に多い、こどもの栄養失調とは

カロリーは足りていても、栄養が足りていない場合に引き起こされる栄養失調を、「新型栄養失調」と呼びます。この状態で引き起こされる自覚症状は、下記のようなものがあります。

  1. 発達の遅れ
  2. 免疫力の低下
  3. 粘膜、皮膚の荒れ
  4. 筋肉量の低下

新型栄養失調を引き起こしやすい背景には、菓子パンやスナック菓子の過剰摂取や、炭水化物メインの食べ物を過剰摂取する、などが挙げられます。

お腹は満たされても、身体に必要な栄養素はほとんど満たされていない状態なので、心当たりのあるお子さんは、徐々に改めていくようにしましょう。

ご家庭の食卓事情で叶う場合は、一汁三菜を心がけて食べるのが良いですね。偏った食生活の習慣を、すぐに改善するのは難しい上に、ストレスも多くかかるので、リバウンドを避けるためにも、夕飯は野菜を少しでも多く摂る、など、できることから始めていきましょう。



また栄養ある食事にサプリメントをプラスすることで飛躍的な子供の成長が期待できます。
子供の身長応援サプリ選びで悩んだら子供の栄養サプリ徹底比較! 成長期に一番おすすめなのはどれ? こちらの記事で徹底比較しているのでぜひチェックしてみてください!