広告




子供のアトピー性皮膚炎の原因や治療、改善方法を徹底解説




しっかりとした治療をしないとなかなか完治しない「アトピー性皮膚炎」

自分の子供が「アトピー性皮膚炎」になってしまった場合、長期的でしっかりとした治療を行わないとなかなか完治してくれないのがこの病の厄介なところです。
子供はかゆければ自らの爪で無意識にかいてしまいますし、そうなることでどんどんと症状が悪化してしまいます。
そんな厄介な「子供のアトピー性皮膚炎」について詳しくこの記事で説明していきます。
今後の対策や治療、改善にお役立ていただければ幸いです。

アトピー性皮膚炎

子供のアトピー性皮膚炎に症状

時期的には乳幼児の頃に発症してしまうことが多い病気ですが、症状は頭や首、顔、ひじやひざの内側に胸や背中など様々な部位に現れます。乳幼児の頃は顔や頭にできることが多いのですが、大きくなるにつれ首やひじ、ひざの裏などにできることが増えていきます。
症状は基本的に左右対称にできることが多く、非常に強いかゆみを伴うのが特徴です。
アトピー性皮膚炎の厄介なところは非常に強いかゆみが続くことですが、そのかゆみゆえに気になって眠れなかったり、かいてしまうことで傷になり強い痛みが発生してしまう。その繰り返しでどんどん症状が悪化してしまうという負のスパイラルに陥ってしまうケースも多く見受けられます。
顔や腕などに症状が出ると他人から見られてしまうという精神的なダメージを負うこともあり、子供にとっては厄介な病気なのです。

なんでアトピー性皮膚炎になるの?その原因とは?

なぜこんなにもアトピー性皮膚炎になる子供が多いのでしょうか。その発症の原因としては、もともとの体質的なものもあるようですが、乾燥によって皮膚が炎症を起こしたり、皮膚に刺激を与える環境(衛生的ではない環境)によって発症するのです。
皮膚には体内の水分を逃さないようにする機能の他、外敵の侵入を防ぐといった役目があります。乾燥した皮膚をかいてしまうことでその機能が低下して細菌やアレルゲンが侵入す安くなってしまうのです。また、機能低下により皮膚の水分が減りますます皮膚を守る機能は低下してしまいます。
かゆみによってかきむしることでさらに守る機能は低下し、どんどんと悪化してしまうのがアトピー性皮膚炎の特徴ともいえます。

ただし、アトピー性皮膚炎だと思っていても実は違う症状だったということもあります。アトピー性皮膚炎の定義というと、「強いかゆみを伴う」「湿疹などの皮膚症状がある」「慢性的(2か月以上)症状が続く」などがあります。発症するケースの焼く7割が「軽症」と判断されるので、その軽症のうちに完治する治療を行うことがポイントとなります。

アトピー性皮膚炎はどのように治療すればいい?

まず治療するにあたって、その原因を突き止めることを行うべきです。原因となるアレルゲンはなんなのか、ダニや汗、化学物質や乾燥、洗いすぎなど要因は様々。その原因をしっかりと把握することが治療、完治への第一歩になります。
また、薬物療法も効果的で、主にステロイドの外用薬を使います。ステロイドには5種類あり、炎症を抑える作用に違いがあります。症状の強さによって種類を変えていくといいでしょう。

その他の治療法としては保湿液を使用することで皮膚が乾燥する状態を防ぎ、皮膚のバリア機能を正常にしていく方法があります。アトピー性皮膚炎の子供は皮膚が乾燥する特徴があるので、皮膚を清潔に保ちながらしっかりと保湿していきましょう。

普段からできるアトピー性皮膚炎の予防対策

子供の普段の生活を改善すれば、アトピー性皮膚炎を予防することができます。例えば、普段着る服を綿のものに変えたり、外で遊んだあとは必ず手を洗う、あまり長時間直射日光に当たらないようにするなどの工夫が有効です。
その他の方法としては、エアコンの風に直接当たらないようにすることや、汗をかいたらすぐに拭く、シャンプーやボディーソープなどはしっかりと泡立ててから使うなどが有効です。

ステロイドを使うのは不安で心配という時は

ステロイドと聞くと副作用とかが怖いと感じる方も多いかと思いますが、実際は副作用の心配はほとんどないと考えてよいと思います。ただし、使用を続けることで皮膚が赤くなったり少し毛深くなったりするケースはあるようです。
副作用が怖いと思い中途半端にステロイドを使用するとなかなかアトピー性皮膚炎は治りませんので、医師の指示通りにステロイドを使用しましょう。基本的には症状がおさまっても一定の期間はステロイドの使用を続けた方が良いと言われています。
ステロイドをやめると症状がぶり返し、前よりもひどくなってしまったというケースもありますので、ステロイドを使うのであればしっかりと完治するまで使用するようにしましょう。