広告




子供のじんましんの対処法!アレルギーの原因と治療法を解説




喘息やじんましん、アトピーなど子供のアレルギーは様々

子供のアレルギー」で悩んだり苦しんでいるお子さんやお父さんお母さんは近年多くなってきていると言われています。その種類も多岐にわたり、その原因も対処法や治療法も様々ですし、重篤化してしまうこともあるので非常に厄介なものといえます。この記事では「子供のじんましん」の対処法、そのアレルギーの原因や治療法を解説していますので、お子さんのアレルギーで困っている方はぜひ参考にしてみてください。

じんましん

子供のアレルギーの代表格「じんましん」

虫刺されのような赤い斑点が体中に現れる「じんましん」。2歳から4歳ごろまでの子供に多いと言われていますが、その特徴はなんといっても「強烈なかゆみ」です。小さなおこさんはそのかゆみに我慢できずに爪でかいてしまい、症状が悪化してしまうということも多くなります。

じんましんになってしまう原因は主に食べ物が多いのですが、その他にもウイルス感染や薬などで発症してしまうこともあります。じんましんはその原因を特定することが難しく、いつも食べても平気だった食べ物を体調が悪い時に食べたらじんましんが出たなんてこともあったりします。その他にも寒暖差で発症する「寒冷じんましん」や日光に当たることで発症する「日光じんましん」などがあります。
子供の中には疲れやストレスなどでじんましんの症状が出る人もいます。ストレスを感じることの多い現代ですが、子供にとっても現代はストレスを感じやすい環境なのです。また、親がしっかりと子供の睡眠や環境を管理してあげないと疲れが抜けずに溜まっていってしまうので要注意です。

じんましんの対処法や治療法としては食べ物のじんましんの場合は「原因となるものを口にしない」日光じんましんの場合は「長時間日光に当たらない」など、そのじんましんの原因となるものを子供から遠ざけることで症状が出なくなります。なかなか原因を特定するのが難しいのですが、じんましんが出た直前に食べていたものや行動をしっかり把握し、医師と相談しながら原因を特定していくのが良いのではないでしょうか。じんましんは症状が現れてから数時間で消えることが多いのですが、小さなお子さんがもしかゆみに我慢できずにかいてしまうようなら冷たいタオルで冷やすとかゆみを緩和することができますので対処法として覚えておくとよいかもしれません。

そもそもアレルギーっていったい何なんだろう

「アレルギー」といっても実際どういった物か説明できる人は意外と少ないのではないでしょうか。

アレルギー症状はそのアレルギーの種類により大きく異なりますが、子供の体質や環境、体が受け付けない食べ物から体を守る機能が不全になっていることをいいます。

異物から体を守る機能が正常に働いていると、様々なウイルスや菌、ダニや食物などの異物の侵入を守ることができるのですが、その機能が正常に働いていないと体がアレルギー反応を起こしてしまうのです。

アレルギーの種類はとても多く、ざっと挙げるだけでもじんましんにアトピー性皮膚炎、花粉症、喘息、アレルギー性鼻炎、目のアレルギーに食物アレルギー、口腔アレルギー、アナフィラキシーなどがあります。

また、アレルギーにはその症状や反応の仕方により大きく分けて4つのタイプがあります。
ぜんそくやアレルギー性鼻炎などの「即時型」その他にも「細胞障害型」「免疫複合体型」「遅延型」があります。

現代では子供で何らかのアレルギーを持っている割合はなんと全体の3割から4割とかなり高い水準で推移しています。大人でも約3割が何らかのアレルギーを持っているので、もはやアレルギーは国民病といえるのかもしれません。

なぜ現代においてアレルギーが多いのか

増加の原因は現代の食生活の変化が大きくかかわっているといわれています。食生活の欧米化や飽食によるエネルギーの取りすぎなどが原因となっていることが多いようです。
それ以外にも気密性の高い住環境がダニやカビを増殖させる原因となっていたり、大量に植林された杉によるアレルギーの発症なども大きな問題になっています。