広告




子供の身長と成長ホルモンの関係、最近注目のアルギニンについて




子供の成長に重要な役割を果たすのが、成長ホルモンです。成長ホルモンとは、脳にある脳下垂体から分泌される物質のことです。体の骨や筋肉、皮膚などの組織の成長を促進させる作用と、代謝をコントロールする作用の2つの働きがあります。

たとえば、「子供の体を成長させる」、「骨や筋肉を増やす」、「知能を発達させる」「病気への抵抗力・免疫力を高める」「疲労を回復する」などの作用には、すべて成長ホルモンが関わっています。

子どもの身長がなかなか伸びないといった悩みがあるときに、どうすれば成長ホルモンが摂れるのだろうかと考えるかもしれません。成長ホルモンは食事から摂取できるものではありませんので、基本的には生活習慣を改善してホルモンバランスを整えていくことになります。特に重要なのが「睡眠」だとされています。


寝ているときに分泌される成長ホルモン

成長ホルモンは、寝ているときにだけ分泌されますが、好きな時間に寝ればいいというものではありません。午後10時~午前2時の4時間が、成長ホルモンが大量に分泌される時間帯であり「睡眠のゴールデンタイム」とも呼ばれています。ただ、近年の研究では、成長ホルモン分泌は、時間帯ではなく「入眠後3時間」にもっとも高まるのではないかとされています。

いずれにせよ重要なのが早寝早起きの習慣をつけることです。夜更かしはとくに良くありません。また、寝る直前までゲームをしていると(光を見続けることにより)寝付きが悪くなってしまうという例もあります。就寝前にリラックスできる環境づくりが大切です。

もしも、生活習慣が乱れてしまって、このゴールデンタイムにしっかりと睡眠時間がとれないと、成長ホルモンが分泌されなくなります。そして、子供の身長が伸びなかったり、脳が疲れたままの状態になってしまったりと、子供の体にさまざまな悪影響を及ぼします。

成長ホルモンを多く分泌させるには、遅くても、夜10時までには就寝し、睡眠のゴールデンタイムに、質の良い睡眠をとることが大切です。そして睡眠時間は、1日8時間程度が理想的です。「寝る子は育つ」ということわざは科学的にも正しさが認められています。

太りやすい体質になってしまう心配も

成長ホルモンの分泌が足りないと、子供の身長が伸びにくくなってしまうだけでなく、体が太りやすくなります。成長ホルモンは、寝ている間に、体内に蓄えられている脂肪を分解する働きもあります。

そのため、成長ホルモンが分泌されなくなると、脂肪を溜め込みやすくなってしまい、太りやすい体質になります。子供の頃に肥満になってしまうと、大人になってからも、生活習慣病になりやすいので注意しましょう。

メタボリック症候群などの生活習慣病を回避するために重要なのは「食事バランス」です。肥満防止というと食事量ばかりに目が向きますが、子どもは成長のためにも「ご飯をたくさん食べる」ということが必要です。

ですので、より重要なのは「栄養バランスの良い食事」をしっかりと摂ることです。肉や揚げ物ばかりではもちろん駄目で、緑黄色野菜や魚などを幅広く献立メニューに取り入れるのが子どもの成長のためにも大切です。

成長ホルモンの分泌を増やす食品を食べましょう

成長ホルモンは、アミノ酸で構成されていて、主にたんぱく質が分解されることで生成されます。たんぱく質は、チーズやヨーグルトなどの乳製品、納豆や豆腐などの豆類、肉・魚・卵などに含まれています。良質なたんぱく質を体に取り入れて、成長ホルモンの分泌を増やしましょう。

もちろん、タンパク質の摂り過ぎは肥満に繋がるので、この辺りは「過ぎたるは及ばざるが如し」でもあります。例えば豆類でも、ピーナッツの食べ過ぎは高カロリーすぎて身体への負担が大きいです。成長ホルモンを正常化させるためにも「適量」をしっかりと意識した食事を心がけましょう。

ほかにも、アミノ酸の一種であるオルニチンやアルギニンは、成長ホルモンの分泌を促進します。オルニチンは、牡蠣やしじみ、エノキタケに、アルギニンは主に肉類・大豆食品に多く含まれています。しじみのオルニチンは肝臓にも良いですし、疲労回復効果もあります。スポーツなどをする子どもにはオルニチン豊富なしじみ汁が大変おすすめです。

特に最近身長を伸ばす上で注目されているのが「アルギニン」です。

アルギニンは「準必須アミノ酸」とも呼ばれていて、成長ホルモンの分泌を促してくれる優れものなのです。
現在、水産業でもこの「アルギニン」が注目されていて、魚の成長にも役立っている栄養素なのです。

このサイトでは「アルギニン」を詳しく説明した成長期の子どもに摂らせたい「アルギニン」の効果を徹底解説!という記事がありますので、詳しく知りたいという方はそちらの記事をチェックしてみてください。

食事は寝る2~3時間前に済ませるように

成長ホルモンの分泌量を増やすためには、食事の時間帯にも配慮が必要です。午後10時~午前2時の睡眠のゴールデンタイムには、血糖値が下がっていなければなりません。しかし、寝る直前に食事を摂ってしまうと、血糖値が上がって成長ホルモンの分泌が阻害されてしまいます。

そもそも食物が胃で消化されるためにも、食事後3時間程度は起きていた方が良いです。寝ている間は胃も働きません。小学生の子どもの場合は、6時頃に食べて9時頃就寝が理想的でしょう。

寝る前にお腹が空いて、どうしても何か食べたくなったときは、ごはんやめんなどの炭水化物のように、血糖値が上がってしまうものは避け、たんぱく質食品を食べましょう。ゆで卵や豆腐・具の多い味噌汁などがおすすめです。(ただ基本的には食べない方が良いです。夜食のカップラーメンなど定番ですが、あまり身体に良いものではありません)

成長ホルモンだけじゃない! 身長にかかわる3つのホルモン

背を伸ばすホルモンとしては「成長ホルモン」がよく知られています。成長ホルモンは脳下垂体から分泌され、肝臓でソマトメジンという物質に変わります。これが骨の骨端線を成長させます。

そして成長ホルモンのほかに「甲状腺ホルモン」と「性ホルモン」も身長にかかわっています。成長ホルモンの異常によっても低身長症は生じますが、一方で、甲状腺機能低下症や性早熟症によっても低身長症の症状が出ます。

低身長症の疑いで、小児科に行く人は意外と多いです。病院では低身長症の診察をするため、以下のような検査が行われます。

  • 血液検査
  • 尿検査
  • ホルモン、染色体検査
  • 骨レントゲン、脳MRI検査など

何らかの異常があった場合には検査をすればすぐにわかりますので、低身長症の不安がある場合にはかかりつけの小児科医に相談することが大切です。

まとめ

成長ホルモンの分泌には、生活習慣が大きく関係します。効率よく分泌させるためには、早寝早起きを心がけて、生活リズムをコントロールするようにしましょう。

次に、食事の栄養バランスにも気を配ることが大切です。どうしても栄養不足が気になる場合は、栄養サプリメントなどを利用するのも良いでしょう。

また、ストレスも、脳に強い影響を与えてしまい、成長ホルモンの分泌を阻害してしまいます。子供がストレスをためてしまわないように、家族間で言いたいことを言えるような、良好な関係を築くことも大切です。