子供の夏休みの運動・睡眠・栄養に気を付けて身長を伸ばす

規則正しい生活することがなにより重要!夜更かしはNG!

楽しい楽しい夏休み。子供たちはテンションマックスで毎日遊んでいるのではないでしょうか。夏休み前までは遅くても22時には寝ていた小学生も、テレビを観てゲームをしてユーチューブを観ると気が付けば23時過ぎ。ママから「もう遅いから寝なさい」なんて言われても
「明日も休みだからまだ起きてる!」と言ってさらに夜更かしなんていう子もいるのではないでしょうか。しかし、テレビの観すぎやゲームのし過ぎで運動不足になってしまったり、毎日の夜更かしで睡眠時間が少なくなってしまったり、乱れた食生活で栄養が偏ってしまったりと子供の成長には最悪の環境と言えるのがこの季節なのです。「夏休み」だからこそ学校生活と同じように規則正しい生活と十分な睡眠、栄養ある食事を親が与えてあげることが重要だと思います。
しっかりとした生活を送った子と、乱れた生活をしていた子の身長の伸びが「夏休み」を境に差が出てしまうなんてこともあるかも知れません。それほど「子供の成長や身長を伸ばす」にはいろいろな要素が必要といえるのかもしれません。

夏休みにしっかりと運動することで秋冬に向けた免疫力の高い身体を作れる

早寝早起きも重要なのですが、気温の高い夏休みは外で運動する機会が大幅に減少してしまう季節とも言えます。午前10時には30度近く気温が上がり、午後の15時ぐらいまで30度を超えるような気温になることも珍しくありません。どうしても部屋の中で遊んだりテレビを観たりして過ごすことが多くなってしまいますが、夏休みという長期間を運動不足で過ごすことで子供の免疫力も下がってしまう恐れがあります。インフルエンザやノロウイルス、風邪を引きやすくなる秋から冬にかけて免疫力を高くするためには、夏休みにもしっかりとした運動をすることが大事になってきます。
そんな夏には午後18時以降の運動を習慣化させることがおすすめです。気温も28度を下回りますし、日が落ちることにより直射日光が当たらない場所も多くなります。午後19時ぐらいまでは外も明るいので、この1時間を利用して運動するようにしましょう。

水分の多い料理が多くなる夏は要注意

暑い夏はどうしても冷たい料理や水分の多い食材を選びがちになりますよね。スイカにきゅうり、そうめんにかき氷。特に子供は冷たくて甘いスイカやかき氷が大好きなので偏った食生活になりがちです。夏ならではの食事や食材も良いのですが、毎食や毎日そういった食事や食材が食卓に出ないように心がけましょう。しっかりとバランスの良い食生活が何より大事になります。
特にタンパク質をしっかりと摂取するように心がけましょう。スポーツ選手やアスリートが、トレーニングの一環として鶏胸肉やササミなどを食べているところをTV番組で見かけたことはありませんか。あれは鶏肉にはタンパク質が豊富に含まれているからであり、身体を作る大事な栄養素であることを語っています。なにもスポーツ選手やアスリートなど、身体を資本とする職業のかただけがタンパク質を欲しているわけではなく、育ち盛りの子供や、働き盛りの大人も、たくさんのタンパク質を必要としているのです。

また栄養ある食事にサプリメントをプラスすることで飛躍的な子供の成長が期待できます。
子供の身長応援サプリ選びで悩んだら子供の栄養サプリ徹底比較! 成長期に一番おすすめなのはどれ? こちらの記事で徹底比較しているのでぜひチェックしてみてください!

おすすめ記事身長の伸びる小学校高学年向けの記事