広告




子供の身長が伸びない悩み!身長は遺伝が関係するのか




身長と遺伝が関係していることは、よく知られていますが、遺伝だけで身長が決まるわけではないのをご存知でしょうか?

もちろん、子供の身長は両親の影響を受けます。実際に身長の親子相関については数多くの統計調査が行われており、ある程度の相関性が認められています。しかし、「両親の身長は低いけれど、子供は高身長」というご家族や、その逆のご家庭もたくさんありますね。

実は、遺伝が子供の身長の伸びに与える影響は、約2割から3割程度しかないと言われています。つまり、残りの7~8割は、「成長期をどう過ごすか?」という後発的な要因によって、身長が伸びるかどうかが決まるのです。子どもの成長には『生活習慣』がとくに重要だとされています。



身長は同性の親の影響を受けやすい?

身長と遺伝の関係性については、諸説あります。統計調査によるところでは「女性は母親の身長、男性は父親の身長」の影響を受けやすいとされています。

ただし身長が遺伝することに関しては、否定する学説も多くあります。日本人の平均身長が年々伸びていることからもわかる通り、背の伸び率に関しては遺伝よりも環境要因の方が大きいと言われています。

食事・睡眠・運動の3大要素が重要

子供の身長には、遺伝以外のさまざまな条件が影響を与えています。特に重要なのが、「規則正しい食事」「適度な運動」「質の良い睡眠」といった生活習慣です。

子供の成長期には、バランスよく食べて、しっかりと体を動かし、夜はぐっすりと眠る。つまり、きちんとした生活を送ることで、身長は伸ばすことができます。ただし、この3つの要素のどれかが欠けてしまうと身長は伸びません。

「食事・運動・睡眠」が、子供の体の成長に影響を及ぼすことを理解し、日々の生活の中で気を配ってあげることが大切です。

食事はカルシウムとタンパク質を!

食事は成長に必要なカルシウムとタンパク質をしっかり摂りましょう。といっても栄養事情が良い現代では、タンパク質が不足するといったことは滅多に起こりません。(過度なダイエットでもしない限り)

ですので、鍵は「カルシウム」になります。学校給食に牛乳が出てくると思いますが、それだけでは不足です。夕食でも魚や野菜など、カルシウムを多く含む献立を考える必要があります。(カルシウムはもちろん牛乳以外からも摂れます。例えば野菜の小松菜はカルシウムがとても豊富です)

基本的に、緑黄色野菜と魚をしっかりと食べていれば適度なカルシウムが補給できるでしょう。肉の日と魚の日は半々くらいが良いのではないでしょうか。「ししゃも」などの魚はカルシウムが豊富で、骨ごと食べられるので大変健康に良いです。ぜひ積極的に食事メニューに魚と野菜を加えてみましょう。

睡眠をしっかり摂る

成長ホルモン分泌は、眠っているときに行われています。とくに入眠後3時間のノンレム睡眠時(深い眠りのとき)にたくさんの成長ホルモンが出されます。

子どもの成長のためには「早寝早起き」が欠かせません。朝は学校があるので早起きできていると思います。問題は、寝る時間です。最近では夜遅くまで面白いテレビ番組があったりしますので、子どもが夜更かしをしがちです。

また、スマートフォンの普及により、小・中学校のお子さんでもスマホを持たれている方は多いでしょう。ついつい寝る前にスマホのゲームで遊んでしまい、夜更かししてしまう、といったケースも増えています。

言うまでもなく、夜更かしは成長の天敵です。早寝の習慣をしっかりと身につけさせましょう。

睡眠直前の食事はNG

夕食を食べ終わってから布団に入るまでの時間は、3時間程度開くのが理想とされています。眠る直前に夕食をとったり、あるいは間食を取ったりするのは、胃腸にもよくありませんし、成長にも良い事ではありません。

とくに睡眠直前にご飯やラーメンなどを食べるのは「成長ホルモン」の分泌を妨げる要因のひとつとなってしまいます。

運動習慣を身につける

サッカー部やバスケットボール部など、体育会系の部活に入っている子どもは大丈夫です。文化系だと、なかなか運動する機会がないといったこともあるでしょう。

運動は成長ホルモン分泌とも密接な関わりがあり、運動不足だと成長が遅くなってしまうこともあります。過度な運動は不必要ですが、天気の良い週末の日は家族でハイキングやサイクリングに出かけるなど、身体を動かす日を作ってあげることが大切です。

身長を伸ばすのに効果的な運動として、トランポリンやバスケットボール、バレーボール、縄跳びなどがあります。

特にトランポリンや縄跳びは一人でも行える運動なのでとてもおすすめです。

更に運動習慣を身につければ運動神経や身体能力も上げっていくので一石二鳥です。

子供の運動神経や身体能力を伸ばす方法などは子供の身体能力と運動神経を伸ばす方法!乳幼児の期間にできること!の記事で紹介していますのでぜひチェックしてみてください。

正しい姿勢も大切

子供の成長期に、前かがみなどの無理な姿勢でいると、心臓や肺が圧迫されて、血液やリンパ液の流れが悪くなり、骨にも良質な栄養が届かなくなります。

普段から良い姿勢を身につけることが、身長を伸ばすことにつながります。また、猫背を改善するだけでも、湾曲していた分だけ、身長が戻り(高くなり)ますよ

ゲームは発育に良くない?

一時期テレビなどでは「ゲーム脳の危険性」が盛んに騒がれていました。しかしゲームそのものはさほど恐れることはなく、例えばニンテンドーDSの学習ゲームに見られるように、適切に使いさえすればむしろ学力向上に役立ちます。

発育に影響を与えるとされているのは「寝る直前のゲーム」です。これはよろしくありません。ゲームをすると脳が興奮状態となるため、すぐには寝付けなくなってしまいます。

強い光を見ることによって「体が眠る状態となる準備」が阻害されてしまい、成長ホルモンの分泌に悪影響を及ぼします。これはゲームが悪いというより、テレビや映画なども含めて、寝る直前に脳を興奮させるのはよろしくない、ということです。

子供がゲームやYouTubeをいつまでもやめない時は本当に困りますよね。
長時間ゲームをすることで自律神経が乱れてしまう可能性がありますし、ゲームに熱中する子供は現実世界とゲームの世界の境界線が曖昧になるといいます。

その境界線が曖昧になることで、大人になってからの犯罪率も増加してしまうというデータもあるほど。

子供のゲームに関しては子供がスマホでYouTubeやアプリゲームをやめない時に効果のある方法 の記事で詳しく説明していますのでぜひチェックしてみてください。

リラックスできる家庭環境を

身長を伸ばす上で、気をつけなければならないのは、子供のストレスです。子供は、ストレスに敏感です。ストレスを感じてしまうと、情緒不安定になり、食欲がなくなったり、夜眠れなくなったりなど、子供の体にさまざまな悪影響を及ぼします。

その結果、成長ホルモンの分泌が減ってしまい、身長が伸びなくなってしまいます。子供の健やかな成長のためにも、子供が精神的にリラックスできる家庭環境を作ってあげるようにしましょう。

両親の仲の良さが子供の身長を伸ばす

「両親が離婚すると、子供の身長が伸びなくなる」と言われています。これは、大好きな両親が離婚することで、子供が精神的なストレスや不安を抱えてしまい、体の成長に支障をきたしてしまうからです。

反対に、両親の仲が良く、子供に笑顔で接しているご家庭では、子供はリラックスできてのびのびと過ごせますし、心身ともに健康でいられます。

夫婦ゲンカをしなくなったら、子供の身長がまた伸び始めた」という例も報告されています。夫婦の仲の良さが、子供の身長を伸ばす最高のサプリメントと言えるかもしれませんね。

まとめ

子供の身長は、遺伝ですべてが決まるわけではないことをお分かりいただけましたか?ですから、両親が低身長だからといって、「子供の背が低いのは遺伝だから仕方がない」とあきらめるのはもったいないです。

親の身長が低くても、子供が高身長になる可能性は十分にあります。バランスの良い食事・適度な運動・質の良い睡眠の3つを心がけ、子供が規則正しい生活を送れるようにサポートしてあげましょう。

また、子供がストレスを抱えてしまわないような家庭環境を整えてあげることも大切です。大切なわが子が、心身ともに健康でいられるように、お父様もお母様も笑顔で接してあげてくださいね。



また栄養ある食事にサプリメントをプラスすることで飛躍的な子供の成長が期待できます。
子供の身長応援サプリ選びで悩んだら子供の栄養サプリ徹底比較! 成長期に一番おすすめなのはどれ? こちらの記事で徹底比較しているのでぜひチェックしてみてください!