[まだ間に合う]中学生の身長の平均値や身長が伸びない悩み、改善方法

身長の伸びのピークは、一般的には、男子で12歳~15歳(小学6年生~中学3年生)、女子で10歳~12歳(小学4年生 ~小学6年生)です。この時期に成長ホルモンの分泌量が多くなり、急に身長が伸びるようになります。

成長ホルモンは身長を伸ばす上で最も大切なホルモンですから、成長ホルモンの分泌を妨げるような生活をしていると、背が伸ばすことができなくなります。

中学生のこの時期が、まさに最終身長を決めるターニングポイントです!規則正しい生活を送り、できる限り身長を伸ばす努力をしましょう。

中学生の平均身長は?

中学生男子の平均身長は、

  • 12歳―152.5センチ
  • 13歳―159.7センチ
  • 14歳―165.2センチ
  • 15歳 ―168.5センチ

です。
11歳後半からの2年間は、成長ホルモンが分泌される頃ですので、1年間に7~8センチも身長が伸びますが、その後は伸び率が下がります。
一方、中学生女子の場合は、

  • 12歳―151.9センチ
  • 13歳―154.9センチ
  • 14歳 ―156.7センチ
  • 15歳 ―157.3センチ

となっています。

女子は、成長ホルモンの分泌がすでに終わりに近づいているため、1年に2~3センチの伸びにとどまり、徐々に身長の伸びが止まっていきます。

骨端線がある成長期に、身長を伸ばす努力を!

中学生が身長を伸ばすためには、成長ホルモンの分泌量を増やし、骨の両端にある骨端線(こつたんせん)が閉じないようにすることが重要です。

骨端線は、やわらかい骨(軟骨)でできていて、その部分が膨張して伸びることにより、骨が伸びて身長が高くなります。残念ながら、骨端線はいくつになってもあるわけではなく、男子は16歳前後、女子は15歳前後でなくなってしまいます。

大人になると、骨端線は硬い骨になってしまいますので、身長も止まってしまうのです。そのため、骨端線があるうちに、身長を伸ばす努力をすることが大切なのです。

適度なジャンプすると、骨端線が刺激されて身長が伸びます

骨端線に刺激を与えるには、適度の「ジャンプ」がおすすめです。バスケットやバレーボールなどの運動は、縦方向のジャンプをすることで骨端線が刺激され、成長ホルモンが分泌されやすくなります

適度に運動すると食欲もわきますし、熟睡することもできます。ただし、ジャンプをして着地をすると、関節の部分が縮んだままの状態になり、かえって骨が伸びづらくなります。運動の最後には必ずストレッチをして、縮んだ関節のまわりの筋肉をやわらかくしましょう。

身長を伸ばすためには「食事」「睡眠」「運動」の3つが重要

骨端線の働きを促すためには、成長ホルモンが活発に分泌されなければなりません。成長ホルモンの分泌は、「運動」だけでなく、「食事」「睡眠」の3つがそろうことで促されます。

しかし、勉強や部活が忙しい中学生にとって、規則正しい生活を送るというのはなかなか難しいですね。夜9~10時頃まで習い事が終わらないという子供も多いですし、それから、家に帰って、ご飯を食べて、お風呂に入って・・・といった不規則な生活を過ごしてしまいがちです。

成長期は、睡眠時間が何よりも大切です。できるだけ習い事に行く前に食事を済ませるようにし、帰ってきてから軽食を食べさせるなど、親も一緒になって協力してあげるようにしましょう。

習い事のある日は、帰ってきてからはテレビを観せないようにし、夜の番組は録画しておいて朝に観せるようにするなど、睡眠時間が確保できるように工夫することが大切です。

習い事で帰宅時間が遅くなることを理由に、生活習慣の乱れが当たり前になってしまわないように、くれぐれも注意して下さい。

ストレスをためない生活が大切

ストレスも、子供の身長に大きく関係しています。人間関係に悩んだり、まわりから過度のプレッシャーを受けると、それがストレスとなって身長が伸びなくなることがあります。

ストレスを受け続けると、食欲がなくなったり、夜によく眠れなくなるなど、成長ホルモンの分泌に悪影響を及ぼす可能性も。

ストレス解消には、適度な運動もおすすめです。自分にとってのストレス解消法を見つけておくようにしましょう。

成長ホルモンが出る時期には、個人差があります

成長ホルモンの分泌量が増える時期は、性別によっても異なりますし、個人差もあります。成長ホルモンの分泌量が早い時期に増えた人は、小学校の中学年や高学年で、身長が急激に伸びます。

反対に、遅くに分泌された人は、中学生後半の15歳くらいになってから、急に背が伸び出すこともあります。ですから、高校生になってからでも、成長期の過程であれば、身長が伸びる可能性が十分にありますので、諦めずに身長が伸ばす方法を試してみてください。

どうして成長期にしか背が伸びないの?

「成長期を逃すと背が伸びないよ」と言われるのはなぜでしょうか。それはおとなになると骨端線(こつたんせん)が閉じてしまうからです。

骨端線は、軟骨と骨の境目にあります。「軟骨→骨」と変わってゆく過程で骨は縦方向へと伸びてゆき、背が伸びるという仕組みになっています。

大人には骨端線はありません。骨を見ると線は閉じていて、骨端骨と骨幹端の境目が見えなくなります。すなわちそれは、骨が伸びる期間が終わったことを意味します。

子どもの成長期のうちに骨を伸ばすことの重要性はわかりました。では、骨端線はどのようにすれば成長が促されるのでしょうか。一般的によく言われるのは「運動」が骨端線に良い刺激を与えるということです。

身体を適度に動かすことによって、軟骨にも刺激が伝わります。その刺激によって「よし、体を動かすのならもっと骨を伸ばさないと」と脳が司令を出して(例えば成長ホルモンの分泌等の作用によって)骨は伸びていくのです。

まとめ

男子にとって、中学生の時期は成長ホルモンが多く出やすい頃です。女子は、成長ホルモンの分泌量は少なくなっていますが、まだ完全に身長が止まったわけではありません。身長が伸びるチャンスはありますので、努力を続けましょう。

中学生になると、部活が本格的に始まって忙しくなるかと思いますが、激しすぎる運動は、かえって成長ホルモンの分泌を妨げますので要注意です

また、人間関係などでさまざまな悩みをもつ時期でもありますので、ストレスをためないように、自分なりのストレス発散法を見つけましょう。中学生の3年間は、体の成長とともに、背の高さが決まる大事な時期ですので、日々を大切に過ごして下さいね。



子供たちの成長のことなら!スクスクのっぽくん

当サイトのおすすめは抜群のカルシウム吸収率を誇る「アスミール」です。
このサイトでも「アスミール」を徹底している「これがベスト!子供の身長が伸びない悩みにカルシウム吸収率抜群の「アスミール」で身長を伸ばす 」という記事で詳しく解説していますのでぜひチェックしてみてください。