足の大きいと背が大きくなる?身長が止まるサインってあるの?

足の大きな子は身長が伸びるって本当?


自分の子供にはなるべく身長の高くなってほしい。そんなパパさんママさんは多いのではないでしょうか。

将来身長が高くなるかどうかを見極める都市伝説的な噂がいくつかありますが、例えば

筋肉をつけると背が伸びない
牛乳をたくさん飲んでおけば身長は伸びる
ジャンプするスポーツをすれば身長が伸びる
足が大きい子は背が大きくなる

などいろいろな噂があるのをご存知でしょうか?
特に足が大きい子は背が大きくなるというのは昔から一般的に言われている都市伝説ですが、残念ながら足の大きな子は背が高くなるというのは医学的根拠はなく、本当の噂話でしかないようです。

他にも筋肉をつけると背が伸びないという噂も噂でしかありません。筋肉ではなく関節に負担をかけすぎると身長が伸びなくなるというのは本当です。

ジャンプするスポーツは骨に対して縦方向に圧力がかかるのでとても効果的といわれています。
 
牛乳をたくさん飲めば背が伸びるというのは団塊の世代が小中学生の時に栄養価が高い飲み物=牛乳という一般論が世代を超えて伝えられてきたものだと思います。
確かに牛乳はカルシウムを筆頭にビタミンCやビタミンB、さらには葉酸やカロテンなどいろいろな栄養が入っている飲料ですが、飲みすぎてしまうと貧血になりやすくなってしまったり、アレルギー反応が出てしまうこともあるので注意が必要です。

牛乳の一日の摂取目安は200ml~400mlといわれていますので適量が一番良いってことですね。

足の大きさ

子供の身長っていつまで伸びるの?

中学生、高校生ぐらいになると

「自分の身長はいつまで伸びるんだろう」とか

「身長が止まるサインとかあるのかな」など気になったりしますよね。

友達の中には中学生、高校生で年間10㎝近く伸びる人も出てきたりして、伸びるスピードが緩やかになってきたりすると「もう伸びないんじゃないか」って焦ったりするものです。

まず、身長がいつまで伸びるのかという疑問についてですが、男の子の場合およそ高校1年生(16歳ぐらい)女の子の場合はおよそ中学2年生(14歳ぐらい)で伸び終わる子が多いようです。

もちろん完全に止まるのではなく、その後も年間1㎝、2㎝ほど伸びたりもしますが、年間5㎝以上伸びたりすることはほとんどない子供が多いのです。

中には25歳ぐらいまで身長が伸び続けるレアケースもありますけどね。

身長が止まるサインとかあるの?

男性、女性ともに「第二次性微期」といわれる時期が身長が止まるサインといえそうです。

「第二次性徴期」とは、男性で言えば声変わりや陰毛が生える、体が男らしくなってくるなどの変化する時期のことを指します。

女性では、胸の膨らみが大きくなり、陰毛が生え、初潮を迎え生理が始まる時期のことを指します。

男性、女性共にとても分かりやすい身体の変化が生じるので、このような変化が起こった場合には「身長の伸びが少なくなってしまうかも」という心構えをした方が良いでしょう。

大人になっても身長が伸びた人ってどんな人?

まれに「第二次性徴期」が完全に過ぎて大人になっても身長が伸びる人が存在します。

このような人は「成長ホルモン」が他の人よりもたくさん分泌されているので身長が伸びるのではといわれています。

ということは、「成長ホルモン」を増やすことができれば「身長を伸ばすことができる」とも置き換えることができますよね。

成長ホルモンを増やす方法といえば、そう「食事」なのです。

特に成長ホルモンを増やす役割をしてくれる成分が「アルギニン」です

このアルギニンについては様々な身長サプリの販売企業が商品開発に取り入れており、身長を伸ばしたい子供の助けになっているのです。

このサイトではアルギニンやオルニチンについての記事で詳細を解説しているのでそちらもぜひチェックしてみて下さいね。



身長にお悩みの方、成長のカギはアルギニンでした!