「身長を伸ばすのは何が効果あるの?」アスミールがおすすめ




「うちの子って、他の子に比べて身長が低い気がする」
成長期のお子さんを持つ親なら、心配になることです。
高身長の男性って、メリットがある気がしますよね
異性にもてる
すらっとして、格好良く見える
スポーツなどの部活動で、レギュラーポジションに選ばれやすい
どんなファッションも良く似合う
などなど、男性の場合は、特にメリットがありそうです。
アメリカの研究でも、高身長の人は、出世が早いとか、収入が高い傾向があるという研究報告があるそうです。今後も、日本も国際化の波は続きます。安倍首相とトランプ大統領も並んでも引けをとりませんよね。安倍さんって、歴代の総理大臣の中では高身長ですよね。身長の高さって、大切な気がします。


身長

どうやったら身長が伸びるの?

・成長期の過ごし方が本当に重要です。
6歳から12歳の学童期が、一番身長を伸ばすのに重要な時期です
この時期の過ごし方が、高身長への道を決めると言っても過言ではありません。
高身長になれる要素は4つ
1 適度な運動をする
2 良質な睡眠をとる
3 ストレスをためない
4 タンパク質、糖質、脂質をバランスよく摂取する
要するに、外で動き回って、疲れたら良く寝て、くよくよせず、栄養のあるものをたっぷり食べるということです。昔、親から言われませんでしたか?
「テレビ(ゲーム)ばっかりやってないで、早く寝なさい」
「よく噛んで食べなさい」
「前を向いて、しっかり歩きなさい」
昔の親は、知らず知らずのうちに、高身長への道を歩ませてくれていたのですね。

それでは、先に述べました、高身長になれる適度な運動を検証していきましょう。

適度な運動ってどんなもの?

軽い運動が良いと言われています。きつい筋トレなどを、この成長期にやり過ぎると、かえって身長が伸びなくなります。体育の時間にする、腹筋、背筋、ラジオ体操などが適しています。また、上下に飛ぶ運動は、身長を伸ばすのに役立ちます。バスケットボールやバレーボールが挙げられます。

ただ、バスケットボールやバレーボールをやっていたけど、そんなに背が高くはなってないという人もいるかもしれませんが、ポジションによっては、あまりジャンプしないポジションもありますよね。

バレーボールの場合は、セッターだとほとんど飛ぶことはないのではないでしょうか。それと部活動は、中学生から始まることが多いのです。学童期の6歳から12歳が成長期だといわれています、この成長期に時期が少しずれてしまうのも、バレーやバスケをやっても、身長が思ったより伸びなかった原因と言われています。

簡単にできて、効果が高いのが「縄跳び」です。単純な運動ですが、1日短時間でもいいので、続けてみて下さい。「縄跳び」は三半規管を鍛えるのにもいいと言われています。お母さん方の年代は、運動不足から三半規管にいろいろと支障がある年齢に差し掛かってきます、めまい、耳鳴りなどもその症状です。

お子さんの身長を伸ばして、三半規管を鍛えるとともに、ご自身の健康管理にも役立ててはいかがでしょうか。親子で縄跳びをチャレンジしてみてください。

もう一つの要素、良質な栄養素を摂るにはどうしたらいいのでしょうか
6歳から12歳の間に、この大切な時期に、万全な栄養を食事からだけというのは、難しいと実感されていませんか。成長期に必要なサプリはネットなどで多くの種類が販売されているのをご存知でしょうか。

当サイトでおすすめしているのが、「アスミール」です
まず、配合されている成分です。
・アルギニン
・ビタミンC、ビタミンA.ビタミンB1をはじめ、8種類のビタミン類
・鉄分
・カルシウム  など
子供の成長に必要な栄養分がバランスよく配合されているのです。
身長を伸ばすのに、アルギニンが必要だということは有名です。しかし、アルギニンだけを補給しても身長は伸びません、鉄分、ビタミン類をバランスよく摂取することが必要です。アスミールを飲むだけで、この栄養を補給できるわけです。
そして、このアスミールは、牛乳で溶かして飲みます。味もココア味で、子供が好んで飲む味付けになっています。運動の後、喉が渇いて、小腹がすいた時、牛乳で溶かした美味しいアスミールを是非、お子様に飲ませてあげてください。