サッカーに身長って必要?部活やクラブで活躍するために




身長を伸ばすとサッカーでも活躍できる?

一般的に身長が有利になるスポーツといえば「バスケットボール」や「バレーボール」が挙げられると思います。

サッカーといえばメッシ選手や香川真司選手など身長の低い選手が活躍しているイメージですが、実はポジションによっては身長が高いほうが有利になるスポーツなのです。

この記事では、サッカーにおいて身長が高いとどのように有利になるのか、そして部活やクラブでライバルに勝てるようになる為に身長を伸ばす可能性のあるサプリ情報を紹介していきたいと思います。


サッカー

サッカーで身長が高いほうが有利なポジションってどこ?

サッカーには様々なポジションがありますが、実はどのポジションでも身長が高い方が良いことが多いのです。

GK(ゴールキーパー)は皆さんご存知の通り味方チームのゴールを守ってくれる最後と砦です。

説明する必要もなく「身長が高い方が有利」ですよね。

身長の高いGKが手を広げてゴールマウスに立っているだけで全くゴールできる気にならないという効果もあったりします。
中学生なら178㎝以上、高校生なら182㎝以上は欲しいポジションです。

CB(センターバック)といわれるポジションでは身長の高さが非常に重要なポジションになります。相手チームの攻撃を跳ね返すパワーと強さを兼ね備えなければ務まらないポジションなので、必然的に身長の高い選手がレギュラーになったりします。
中学生なら175㎝以上。高校生なら180㎝以上は欲しいポジションです。

トップ下と呼ばれる攻撃の中心としてプレーするポジションではアジリティ(敏捷性)が高い選手を配置することが多いので、トップ下のあるフォーメーションでは身長の低いテクニシャンを配置したりします。

また、最近よく聞かれるようになった「インサイドハーフ」なども身長の高さというよりもテクニックやボール奪取能力、パス能力が重視されるのでそれほど身長の高さを求めないポジションといえます。

そしてもう一つ上げるとすれば「サイドバック」もアジリティやアップダウンを繰り返すポジションなのでそれほど身長の高さは重要視されないポジションです。

しかし

サッカーには「フリーキック」や「コーナーキック」などのセットプレーが1試合の中に何度もあります。

身長の高いCB(センターバック)やFW(フォワード)がエリア内に戻ってクリアするのですが、当然サイドバックやインサイドハーフのポジションの選手も同じようにエリア内に戻ってセットプレーの守備をしなければなりません。

そう、対戦相手のチームに身長の高い選手が多い場合はマークする相手が「10㎝以上も身長が高い」なんていうケースも出てきてしまうのです。

サッカー経験者の方なら「10㎝身長が低いとどれだけヘディングが不利になるか」はわかるかと思いますが、この「10㎝の差」が失点のリスクを高めてしまう原因になったりするのです。

サッカーの監督をする場合、「レギュラー選び」って本当にめちゃくちゃ悩むのですが、テクニックや持久力、戦術理解などの能力がほぼ互角だった場合の最後の決め手になるのが、上記のような「身長が高い方の選手」だったりするのです。

やはりサッカーでも「身長は高い方が良い」

上記で説明した通り、サッカーでも身長が高い方が有利でレギュラーを勝ち取る要因にもなるということがわかりましたよね。

「日々限界ギリギリまで練習したのにレギュラーに選ばれなかった」

「大事な大会の決勝戦のロスタイムにセットプレーから自分のマークしている相手に点を決められた」

という悔しい思いをしないためにも「身長を伸ばす努力」もしていきましょう。

身長を伸ばす努力とはどんな事?

身長を伸ばす上で重要なのは、一般的に良く言われている「質の良い睡眠」「栄養ある食事」「適度な運動」です。

この3項目に関してはネットや書籍など、様々な媒体で紹介されていますのであえてこの記事では触れませんが、身長を伸ばす上での基本になってくるのでしっかりと日々実践するようにしましょう。

このサイトでおすすめしているのが、上記のような身長を伸ばす上での基本といえる「睡眠」「栄養」「運動」をしっかり実践しながらも「身長応援サプリや飲料」を摂取してより身長を伸ばす可能性を広げようということです。

近年ではカルシウム吸収率がとても高い「アスミール」という商品や、スーパーフードスピルリナを配合した「フィジカルB」という商品など、身長を伸ばす上で非常に効果的といわれている栄養素をぎっしりと配合したサプリや飲料が多く販売されています。

このような「身長応援サプリや飲料」を日々摂取することで、自分の身長が伸びる可能性を最大限に引き出してあげることがベストなのではないでしょうか。