[サプリ]部活のライバルよりも身長を伸ばせばバスケットで活躍できる

バスケットは身長の高さが大きなアドバンテージになるスポーツ

中学校、高校の部活でバスケットボール部に入っている人はかなり多いのではないだろうか。

テニス、サッカーと並ぶ学生時代の人気スポーツであるバスケットボール部は、人口の比較的多い地域ではひとつの学年で20人以上という学校も多い。

サッカーも人気の部活で大人数在籍するが、試合のレギュラーは11人と試合に出られる人数は比較的多い。更に交代枠が3枠あるので14人は試合に関与できる。

そのサッカーと比べると、バスケットボールはスターター(レギュラー)が5人とサッカーの半分にも満たない。
バスケットは何度でも交代できるので、スターターに選ばれなくても3人~5人はそれなりに試合に参加できるのだが、そのプレイヤーを含めても10人程度しか試合に関与できないのだ。

更にバスケットボールはポジションによってかなり役割が違ってくるので、実際にスターターを勝ち取るのは中々難しいスポーツなのではないだろうか。

しかし

もし部活のライバルよりも身長を伸ばすことができたなら

身長の大きさがとても重要なポイントとなるバスケットにおいて、「1㎝でもライバルよりも大きくなる」ことがとても大きなアドバンテージになるはずです


この記事では、「バスケットの部活のライバルよりも身長を伸ばして活躍したい」という中学生、高校生がどうすれば身長を伸ばせるのかを徹底解説していきますので、今後の参考にしていただければと思います。

バスケット

部活のライバルよりも「身長を伸ばす」努力をしていますか?

バスケット部の練習で死に物狂いで練習しても、ライバルも同じようにたくさん練習しているはずです。

それではなかなかライバルとの差を広げることはできません。

そこで

ライバルよりも身長を伸ばして能力の差を広げる」のです。

あなたは、バスケットの練習と同じように「身長を伸ばす努力」をしていますか?

もし身長を伸ばす努力をしていないのであれば今すぐやるべきです。

あと1㎝手を伸ばせればあのシュートをブロックできたのに・・・。

あと1㎝あればリバウンドを取ることができたのに・・・。

常にギリギリの勝負が多いバスケットボールにおいて、その「身長を伸ばす努力」が勝負所で必ず活きてくるはずです。

身長を伸ばす努力って具体的に何をすればいいの?

具体的な方法として4つ挙げられます。

①身長を伸ばしやすい運動

②栄養バランスの取れた食事

③しっかりと安眠できる睡眠

④身長を伸ばす為に作られたサプリや飲料

①については部活でやっている「バスケットボール」が実は「身長を伸ばしやすい運動」にあたるので問題ありません。
注意するとすれば、激しい運動をしすぎると身長を伸ばすはずの成長ホルモンが「疲労を回復させる」方に使われてしまうことです
バスケットに限らずスポーツでは自分を追い込むことでより良いプレイヤーに近づけるのですが、追い込む日と体のケアをする日を交互にするなどして疲労がたまりすぎないような工夫も必要になるでしょう。

②については、身長を伸ばすのに効果的と言われているカルシウム・マグネシウム・ビタミンD・タンパク質・亜鉛をバランスよく摂取することが重要です。
注意すべき点は、「バランスよく」という部分。
牛乳やしいたけ、アーモンド、ほうれん草、牡蠣、お肉など身長を伸ばすのに効果的といわれている食材だけを摂取しても残念ながらそれほど効果は見込めません。

たくさんの栄養素を摂取して、なおかつ上記の様な食材を日常的に継続して食事に取り入れることで身長を伸ばす可能性を大きく広げることができるはずです。

③の睡眠については、意外とできていない人が多いのではないでしょうか。

中学生・高校生に必要な睡眠時間は約7時間。できれば8時間ほしいところです。

そして睡眠時間と同じくらい、いやそれ以上に重要なのが「深く眠る」ということ。

最近の中学生・高校生は眠る直前までスマホをいじってしまう人が多く、これがなかなか寝付けない原因となってしまい、結果的に質の良い睡眠が取れなくなってしまっているのです。

寝る直前はスマホなどをいじらず、光と音を遮断した状態で(睡眠導入のBGMなどはあり)眠りにつくようにしましょう。

成長ホルモンは、睡眠中に分泌されていることを忘れずに!

身長を伸ばす為にサプリや栄養飲料で普段足りない栄養を補う

現在日本では様々な「身長応援サプリや飲料」が販売されています。

特にネットで販売している商品は「身長を伸ばすためにはどうしたらいいのか」を研究して製造されたものばかりで、その栄養は驚くほど高いのです。

中でも成長期に欠かせないアミノ酸17種類を高配合している「TOTAL UP(トータルアップ)」は中学生や高校生に特におすすめです。

なんと実際に、Jリーグの下部組織に所属している選手や、アジア・東南アジアのジュニアからユース世代で身体づくりに真剣に取り組んでいるナショナルチームの選手にも愛用者がいるというのが本物の証明です。

運動・食事・睡眠をしっかりと意識しながら、トータルアップのような身長応援サプリや飲料を摂取することで自分の身長の伸びを最大限にすることができるのではないでしょうか。