小学2年生の身長が伸びないと悩みに栄養で可能性を掘り起こす




小学2年生という時期の身長の伸びはどの程度なのかを知ろう

小学校2年生は、身長の伸びの谷間のような時期になります。人の成長の中では2回、身長が大きく伸びる時期があります。1回目は、誕生直後です。2歳になる位までは一般的に一年間に10センチ程度伸びていきます。2回目が、小学校高学年から中学校の頃です。小学校2年生の頃は、ちょうどその間にあたり、身長の伸びがとても少ない時期になります。

文部科学省の調査(平成28年度学校保健統計調査)の結果によると7歳(小学校2年生)男子の平均は122.5センチ、女子の平均は、121.5センチとなっています。8歳(小学校3年生)男子の平均は128.1センチ、女子の平均は127.2センチとなります。小学校2年生の一年間で、男子は5.6センチ、女子は5.7センチ伸びていることになります。一か月で見ると、男子は0.467センチ、女子は0.475センチ伸びていることになります。小学校2年生では、大まかに言うと一か月で5ミリ弱、身長が伸びていることになります。

男女を比べると、男子の方が高いことも分かります。身長の伸びは、男子の場合、小1から小2で6.0センチ、小2から小3で5.6センチ、小3から小4で5.5センチ、女子の場合、小1から小2で5.9センチ、小2から小3で5.7センチ、小3から小4で6.2センチとなっています。男女とも年間で5~6センチ伸びていることになります。

2年生


小学2年生にとってなのが大事なのかを考える

ところで、2年生の時期は、小学校の生活に慣れ、子どもが自立できてくる時期でもあるのですが、その反面、様々な生活のリズムの乱れ易い時期でもあります。それまで働かずに家にいた母親が働き出すタイミングでもありますし、子どもが何でも自分でやりたがる時期でもあります。そういったこともあり、子どもの基本的な生活習慣が乱れることがよく見られます。「睡眠」のリズムなどが崩れやすいのですが、それと共に崩れやすいのが「食事」です。子どもが大きく育っていくには栄養(食事)が大事な要素の一つです。身長の伸びは特に骨の成長と関連があります。骨の成長には、カルシウム、マグネシウム、ビタミンD、たんぱく質、亜鉛などの栄養素が大事とされています。望ましい形はこういったものを毎日の食事の中で、バランスよく摂っていくということです。この時期は食が細い子どもも多く、まだたくさんの量を食べることは出来ないことが多いです。少量でも良いので、なるべく多くの種類を食べるように心掛けたいです。

子どもが、小学校低学年から中学年の頃は、自分の好みがはっきりとしてくる時期です。食べ物だけでなく、生活全般で自分の好き嫌いがはっきりし、それが定着してくる時期です。食事に関しては、好き嫌いが定着してしてしまう時期でもあります。この時期に偏った食生活が定着してしまうとその後の人生に大きな影響を与えてしまうことになります。あと数年してさらに自分の思いが強く出てきてしまう前の段階で様々な工夫をしながら、バランス良い食生活を定着させたいです。例えば、「味付け」や「調理法」の工夫です。体に良い食べ物を細かくし、ハンバーグの中に混ぜたり、カレーの材料にしたりするなどの工夫です。

時に、食べ物の好き嫌いなどを強く主張してくることもあります。そういった際には、ただ叱ったりするのではなく、大人が見本を見せることなどで大事なことを伝えることが良いかもしれません。子どもに良いモデルを示すことで子どもの行動を良いものにしていこうという考え方です。親が野菜などの子どもが嫌がるものをきちんと食べる姿を見せることで子どもの行動を変容させていくというものです。この時期の子どもは、周りの影響を強く受けます。親のそういった姿を子どもに見せることが効果的な場合があります。
身長の伸びはあまり大きくない時期ですが、決して成長していない訳ではありません。バランス良く栄養を摂り、しっかりと栄養面から子どもの成長をサポートできるようにしたいものです。

身長を伸ばす可能性を掘り起こすためにも「身長応援サプリ」がおすすめ

良質な睡眠や運動、栄養を心がけていてもなかなか完璧にすることは難しいですよね。

近年では共働きの夫婦も増えてきているので、子供へのしっかりとしたサポートが難しい家庭も多いはずです。

そんな時にはやはり「良質な栄養サポートサプリや飲料」で子供の栄養をカバーしてあげることが必要だと思います。
金額的には少し高めですが、そのお手軽さと「身長を伸ばす為に開発された良質な栄養」は試す価値のあるものだと思うのです。

当サイトでおすすめしている身長応援サプリ&飲料を販売している公式サイトをぜひチェックしてみてください。きっと子供の身長を伸ばすための可能性が広がっていくはずです。