小学6年生で身長が伸びない悩みに栄養で解決!

身長の伸びる小学6年生の時期はとても大切

小学校6年生は、とても身長の伸びる時期です。人の成長の中では2回、身長が大きく伸びる時期があります。1回目は、誕生直後です。一年間で、一般的に身長は1.5倍、体重は3倍になると言われています。2回目が、小学校高学年から中学校の頃です。誕生直後の1回目の時はほとんど男女差がありませんが、2回目の時は、女子の方が成長のピークが1~2年程早いのが特徴です。



小学6年生

文部科学省の調査(平成28年度学校保健統計調査)の結果によると11歳(小学校6年生)男子の平均は145.2センチ、女子の平均は、146.8センチとなっています。12歳(中学校1年生)男子の平均は152.7センチ、女子の平均は151.9センチとなります。小学校6年生の一年間で、男子は7.5センチ、女子は5.1センチ伸びていることになります。一か月でみると、男子は0.625センチ、女子は0.425センチ伸びていることになります。小学校6年生では、大まかに言うと一か月で約5ミリ身長が伸びていることになります。

男女を比べると、女子の方が高いことが分かります。身長の伸びは、男子の場合、小4から小5で5.2センチ、小5から小6で6.4センチ、小6から中1で7.5センチ、中1から中2で7.2センチ、中2から中3で5.3センチ、女子の場合、小4から小5で6.8センチ、小5から小6で6.6センチ、小6から中1で5.1センチ、中1から中2で2.9センチ、中2から中3で1.7センチとなっています。男子と比べ女子の方が伸びるピークが早く来ます。ちょうど6年生くらいが女子の身長の伸びのピークとなります。女子は、小学校の高学年で一年に6センチ程度伸びていったものが、中学に上がると2~3センチと伸びが少なくなっていきます。男子は、女子よりも数年ピークが後にあります。中学校の間、一年に5~8センチ程度伸びていきます。

身長について親の世代(30年前の昭和61年のデータ)と比較をすると次のようになります。男子は1.6センチの伸び、女子は1.2センチの伸びとなっています。子どもの身長は、男女と昭和23年以降、伸びる傾向にありましたが、平成6年から13年あたりにピークを迎え、その後はほぼ横ばいになっています。戦後の身長の伸びがあった時期は、栄養状態が整ってきたことや生活スタイル欧米化したことなどの影響があったとされています。

ところで、子どもが大きく育っていくには「栄養」が大事な要素の一つです。身長の伸びは特に骨の成長と関連があります。骨の成長には、カルシウム、マグネシウム、ビタミンD、たんぱく質、亜鉛などの栄養素が大事とされています。望ましい形は、こういったものを毎日の食事の中で、バランスよく摂っていくということです。また、注意が必要なのは、一回で大量に摂取するという形ではなく、できるだけ毎日継続して摂ることです。この時期は特に野菜が不足しがちになります。カルシウムを含むものでは小松菜やチンゲン菜など、マグネシウムを含むものではほうれん草や大豆、ビタミンDを含むものではキノコ類、亜鉛を含むものでは納豆、たんぱく質を含むものでは、豆類などがあります。
子どもが、小学校の高学年になってくると自分の好みがはっきりしてくることで、食べ物の好き嫌いなどを強く主張してくることもあります。そういった際には、ただ叱ったりするのではなく、きちんと理由(体の成長に必要な成分があること、バランスよく摂ることが大事であること、今の時期しか身長は伸びないことなど)を伝えることが大事になります。この時期の子どもは、嫌なことでも納得ができれば、取り組もうという少し大人に近い考えができるようになってきています。身長の伸びの大きな時期なので、バランス良く栄養素を摂り、しっかりと栄養面から成長をサポートできるようにしたいものです。


6年生という伸びる時期に更に「身長応援サプリ」で可能性を広げる

人生でも一番身長が伸びる時期である小学6年生という時期に「良質な身長応援サポートサプリや飲料」で子供の栄養をカバーしてあげることでさらに身長を伸ばす可能性を広げることができると思います。
金額的には少し高めですが、そのお手軽さと「身長を伸ばす為に開発された良質な栄養」は試す価値のあるものだと思うのです。

当サイトでおすすめしている身長応援サプリ&飲料を販売している公式サイトをぜひチェックしてみてください。きっと子供の身長を伸ばすための可能性が広がっていくはずです。