広告




子供の背を伸ばしたい! カルシウムはどうすれば効果的に摂れるの?




「カルシウムの摂取量」と「身長」には密接な関わりがあります。身長が伸びるためには、骨両端の柔らかい部分(骨端軟骨)が骨化して、骨が伸びていく必要があります。つまり「背が伸びる」≒「骨が伸びる」と言い換えることができるのです。

骨の成長のためには、当然ながらたくさんのカルシウムを必要とします。厚生労働省健康局発表の「日本人の食事摂取基準」によれば、成長期の子ども(12~14歳男子)に必要なカルシウム量は986mgだとされています。これはおよそ牛乳コップ4.5杯分のカルシウム量です。

これだけのカルシウムを摂ろうと思ったら大変なことです。牛乳の他にもカルシウムを多く含む魚(ししゃも、イワシなど)や野菜(小松菜、モロヘイヤなど)をバランス良く食べる必要があります。

ところで、カルシウムの摂り方についてはいくつかの誤解が溢れています。例えば「牛乳を飲むと背が伸びるのは嘘」などといった誤った情報がネット上では出回っています。この記事では、背を伸ばすために必要な「カルシウムの効果的な摂り方」をご紹介します。

牛乳を飲んでも背が伸びないって本当なの?

「牛乳を飲んでも背が伸びない」という噂を聞いたことがあるでしょうか。これは半分正解で、半分間違いです。

まず第一に、牛乳から摂取できるカルシウムは、身長を伸ばすためにたしかに必要なものです。そこに疑いの余地はありません。だからこそ小学校の給食では必ず、給食に牛乳が出てくるのです。

よく言われる「牛乳はカルシウム吸収率が悪い」という話がありますが、これも嘘です。カルシウム吸収率は魚類33%、野菜19%に対して、牛乳が40%です。吸収率の点から考えても、牛乳は優秀な栄養食品です。

運動と睡眠の必要性

牛乳を飲んでも背が伸びないのは「カルシウム不足のほかにも背が伸びない要因がたくさんあるから」です。現代においては成長不良の原因の多くを「睡眠不足」と「運動不足」が占めます。

ゲームやテレビといった娯楽が登場し、つい夜更かしをしてしまう。睡眠不足が原因で、成長ホルモンが正しく分泌されないわけです。背を伸ばすには早寝早起きが基本です。

また、成長のためには「屋外で遊ぶ」ということが意外と重要です。日光を浴びることで、体内ではビタミンDが合成されます。ビタミンDはカルシウムが骨に吸着するのを手助けしてくれる、成長には欠かせない栄養成分です。

近年では、子どもが安全に遊べる公園が減ってきており、またオゾンホールや紫外線、光化学スモッグ等の大気汚染問題が深刻です。なかなか子どもを外で遊ばせることができず、運動不足に陥るといったケースが見られます。

このように、カルシウム不足の他にもさまざまな原因が存在するため「牛乳をたくさん飲んでいるのにどうして背が伸びないのだろう」といった問題が生じ得るのです。決して牛乳が悪いわけではありません

カルシウムの吸収率を高めるためには何に気をつけたらいいの?

ビタミンDを摂る

すでに述べたとおり、カルシウムの吸収効率を高めるためには「ビタミンD」が不可欠です。「毎日外で元気に運動する」のが一番の理想です。しかしながら、さまざまな事情でなかなか屋外運動が難しいといった場合もあるでしょう。

じつはビタミンDは、食品からも摂取することができます。ビタミンD含有量の多い食品には、しいたけ、卵、イワシなどがあります。とくにイワシはカルシウムも豊富ですので、おすすめです。

マグネシウムを摂る

マグネシウムも重要な栄養素です。マグネシウムには骨を丈夫にしたり骨粗しょう症を予防したりする働きがあります。カルシウムと合わせてマグネシウムを一緒に摂ることが推奨されています。

マグネシウムを多く含む食品は、ピーナッツや落花生が有名です。他にもゴマや大豆など、豆類に豊富なのがマグネシウムです。昔から「ピーナッツを食べると背がよく伸びる」と言われますが、そういった理由です。

ピーナッツはビタミン類やカルシウムも多いので栄養食品として優れています。ただ、かなり高カロリーなので食べ過ぎは厳禁です。

成長ホルモンを分泌させる

骨は、成長ホルモンの働きによって伸びていきます。成長ホルモンを正しく分泌させることが、背を伸ばすためには必要です。ホルモンを出すなんてどうすればいいの?と思われるかもしれません。

簡単です。十分な睡眠を取りましょう。1日最低でも6時間、できれば8時間睡眠が理想です。成長ホルモンは寝ている間に分泌されます。ホルモンの正常化のためには「早寝早起き」が大切です。夜更かしはやめましょう。「寝る子は育つ!」です。

お菓子を食べ過ぎない

じつは、カルシウムの吸着を阻害する成分があります。それが「リン」です。リンはチョコレートやアイスクリーム、スナック菓子等に多く含まれます。お菓子の食べ過ぎには要注意です。

ちなみに「カルシウム:リン比」が優れている食品には、大根葉、かぶ菜、小松菜、チンゲンサイなどが挙げられます。これらの野菜はリン含有量が低く、対してカルシウム含有量が多いため栄養バランスが良いです。

こうした野菜も献立に組み入れて、バランスの良い食事を心がけましょう。

成長サプリメント、成長ドリンクは本当に効果があるの?

「身長が伸びる」といった効果を期待させるサプリメントや健康ドリンクが巷には溢れています。背が伸びる魔法の薬はありませんが、こうした健康食品が効率的に栄養を補給するのに役立つことはたしかです。

ただし、あくまで「栄養補助食品」です。背を伸ばすためにはサプリメントを飲むだけでは駄目で、日頃の食事・運動・睡眠の3つが大切なことを忘れないでください。

牛乳のカルシウム吸収率が40%なのはお伝えしたとおりですが、成長サプリのなかにはこのカルシウム吸収率を80%近くにまで高めた製品も存在します

どうやって高めているの?と思われるかもしれません。例えば牛乳由来のカルシウムではなくて、植物発酵由来のカルシウムを使う。あるいは亜鉛やマグネシウム、ビタミンDをブレンド配合する。そういった工夫を凝らして、カルシウム吸収率を高めているのです。

カルシウムを効果的に摂取したいという場合には、そうした健康食品の手助けを借りるのも良い選択です。とはいえ、健康食品はたくさんの商品がありすぎて、どれが良いのか悩んでしまいますよね。

はっきり言って玉石混交で、なかには質の低い健康食品もたくさんあります。当サイトでご紹介している栄養サプリは、どれも信頼の置ける製品です。サプリの特徴やそれぞれの比較考察も行っていますので、興味のある方はぜひ参考にしてみてください。




身長を伸ばすための「カルシウムの摂り方」まとめ

まとめると効率的にカルシウムを摂るためには、以下のことが重要です。

  1. 牛乳だけでなく、野菜や魚などバランス良く食べること
  2. 睡眠をしっかりととること。早寝早起きをすること
  3. 適度な運動をして、太陽の光を浴びること
  4. マグネシウム(ピーナッツなど)やビタミンD(しいたけなど)を含む食品もおすすめ
  5. リン量の多いお菓子を食べ過ぎないこと
  6. 必要であれば成長サプリや健康食品をうまく活用すること

以上、長くなりましたが、上記を参考にぜひ健康的な生活習慣を心がけてみてください。この記事がお役に立てましたら幸いです。

また栄養ある食事にサプリメントをプラスすることで飛躍的な子供の成長が期待できます。
子供の身長応援サプリ選びで悩んだら子供の栄養サプリ徹底比較! 成長期に一番おすすめなのはどれ? こちらの記事で徹底比較しているのでぜひチェックしてみてください!

おすすめ記事身長の伸びる小学校高学年向けの記事