[効果的]子供がスマホでYouTubeやアプリゲームをやめない時に効果のある方法

子供のスマホ依存症が急増中

子供が親のスマホでYouTubeを観たりゲームアプリで遊ぶことが当たり前になっている現代社会において、その「依存度」の高さが問題になってきています。

わたくしも3児の父として日々子供と接していますが、「子供のスマホ依存」を強く感じています。

この記事ではそんな「子供のスマホ依存」と「やめさせる方法」を詳しく紹介していきたいと思います。

子供

そもそも子供がスマホでYouTubeやゲームアプリで遊ぶのはいけない事?

子供にスマホを渡してYouTubeやゲームアプリで遊ばせることは、大人としては非常にメリットが高いです。

これは子育てをしている方なら誰しも感じていることだと思いますが、「子供がスマホをいじっている時間」=「大人が自由にできる時間」なのです。

とにかく子育てをしながら家事などをこなすことは大変ですし、パートで働いているママさんや仕事の疲れが残る土日に子供の面倒を見るパパさんにとっては救世主ともいえるツールなのです。

子供がスマホに夢中になっている30分とかは大人は非常に楽なんですよね。

子供は暇な時間が嫌いです。昔のように自分で時間を埋めるような遊びなどを考えることができなくなってきた現代の子供にとっては「暇になったらYouTubeかゲームアプリ」と無意識レベルでやってしまうものなのでしょう。

しかし、YouTubeやゲームアプリ自体が悪と思われがちですが、YouTubeの内容によっては「知識」として役立ちますし、ゲームではそのストーリー性から想像力が豊かになったり、目的を達成させるための方法を自分自身で考えるという力が身に付きます。

また、ゲームをすることで動体視力や反射神経、判断能力が上がるとも言われています。

決してスマホを子供に使わせることが「絶対悪ではない」という点を理解しなくてはなりません。

スマホ依存に繋がる「悪」は「時間」と「内容」の二つ

とにかく子供に長時間スマホを預けることは絶対によくありません。

子供がスマホを使っている間は本当に静かでおとなしいですから、ついつい30分以上、時には1時間以上もスマホをいじらせたりしちゃいますよね。

「長時間」のスマホは100%「悪」です。

目も悪くなりますし、長時間の使用は自律神経も乱れてしまいます。
また、現実世界とスマホの世界の区別があいまいになり、将来的な犯罪率の増加に繋がります。

そして、特にYouTubeで閲覧する「内容」も問題になります。

子供が初めに検索したYouTubeの動画から、どんどんと関連した動画に移っていき、知らぬ間に子供が観るべきではない動画を閲覧してしまうということが多く見受けられます。

いつの間にか大人向けの動画を閲覧していたなんてことは絶対に避けなければなりません。

子供がスマホ依存にならないための方法とは

結論から言うと、無理やり取り上げたり、時間制限も効果的です。

無理やり取り上げるという解決法は、言葉通り取り上げた瞬間強制的にスマホから離れることができるので効果的です。

しかし、この方法は「その瞬間」しか効果がありませんし、子供が次にスマホで遊んでいる時も自分自身でやめることはできないでしょう。

なにより、子供と親の関係が悪くなってしまう可能性もあるのであまりおすすめはできません。

もう一つの時間制限ですが、「今日は今から30分ね」と決めてその時間になったらスマホを親に返す。この方法がしっかりと身につけばこれほど良い方法はないでしょう。

しかし、現実には口約束で決めた時間はなかなか守ることができないですよね。

そこでおすすめするのが「ゲームやYouTube専用のタイマーを用意する」ことです。

この方法で実際にスマホ依存から脱出できた方も多くいるのです。

そしてさらに「今日はまだ宿題してないから10分だけ」とか「明日の用意まで全部終わってるから今日は30分ね」などなぜその時間制限なのかを説明しながら時間制限を決めてタイマーをセットすると効果的です。
出来ればそのタイマーは子供自身にセットしてもらうようにしましょう。

この決め事に慣れてきたら今度は「子供自身にタイマーの時間を決めてもらう」ようにするととても良いと思います。
その決めた時間がなぜその時間なのかをしっかりと話すことも忘れずに。
もし訳もなく長い時間設定にしようとするならば、しっかりと説明して適正なタイマー時間に変更しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
子供がスマホ依存にならないように、しっかりとその使用時間を管理したいですよね。

スマホを預けている間は子供は静かでおとなしいのでついつい長時間やらせてしまいがちですが、子供の将来をしっかりと考え、適度な時間でやめられるような習慣を作っていきましょう。