広告




子供の閉所恐怖症は治る?症状を和らげるために取り入れたい食材とは?




子供で不安症になる人はおよそ13%程度と言われています。
高所恐怖症や水恐怖症、閉所恐怖症、精神的な不安感からくる腹痛や頭痛など、子供の時期に長期的に苦しんでしまう厄介な症状です
この記事ではその中で「閉所恐怖症」にスポットを当てて紹介していきたいと思います。

大人でも「エレベーターに乗ったら心臓がバクバクしはじめた」、「電車に乗ると恐怖で降りたくなる」こうした症状が現れたら、それは閉所恐怖症かもしれません。ここでは閉所恐怖症によって引き起こされる症状をはじめ、症状の緩和に役立つ可能性がある栄養素と食材を紹介します。

子供

閉所恐怖症とは?

閉所恐怖症というのは閉鎖空間に対して過剰な恐怖を感じることにより、日常生活に支障をきたす恐怖症のことです。

「閉鎖空間」と一言でいっても、電車や車、エレベーターなどの密閉された空間、人が密集した場所、診察台など身動きが自分の意思で取りにくい場所など、恐怖を感じる空間や場所は人それぞれです。

閉所恐怖症の症状

閉所恐怖症は不安障害に分類される恐怖症の一種です。そのため症状は、不安障害と共通します。閉所恐怖症の主な症状は以下です。
●動悸
●呼吸の乱れによる息苦しさや過呼吸、発作
●吐き気、嘔吐
●過度の発汗
●ふるえやしびれ
●脱力感
●めまい
●のどの詰まり
●パニック状態
などでその症状は多岐におよびます。

子供の閉所恐怖症の改善方法

閉所恐怖症の改善には、閉所に対する自分の考え方や恐怖について理解しながら、実際に閉所に慣れていくという認知行動療法が使用されています。医師やカウンセラーと共に行っていくのが一般的です。また不安や恐怖を和らげるため、抗不安薬が処方される場合もあります。

特に子供の場合は、原因をしっかりと見極めることが重要となります

学校や家庭などで大きなストレスを感じていたり、何かしらの悩みを抱えていてあまり睡眠がとれていない、大きな精神的ショックを受けた出来事があったなど。
このような原因をまずは見極めて、ゆっくりと着実にその不安を取り除いてあげることが子供の不安症の改善には重要となります。

閉所恐怖症の症状を和らげる栄養素や食材とは?

閉所恐怖症をはじめ、不安障害に対して有効とされているのは、恐怖心や不安を和らげ、精神的な安定を保つのに欠かせない脳内物質「セロトニン」を増加させることです。セロトニンは食材から摂取ができないため、体内で作るために必要な栄養素であるトリプトファンとビタミンB6をここでは紹介します。

●トリプトファン
トリプトファンは必須アミノ酸の一つで、セロトニンを生成するためには欠かせません。トリプトファンが多く含まれている食材は、アーモンドなどのナッツ類、まぐろやかつおといった魚類、豆腐や納豆といった大豆製品などです。

●ビタミンB6
ビタミンB6もセロトニンを生成する上では欠かせません。ビタミンB6が多く含まれている食材は、まぐろやかつおといった魚類、レバー(特に牛に豊富)などです。

まとめ

閉所恐怖症の不安や恐怖を和らげる可能性がある栄養素と食材を紹介しました。食事を変えていくことで、症状の緩和につなげていきましょう。

———————————-
【参考サイト】
・せせらぎメンタルクリニック/精神科・心療内科
http://seseragi-mentalclinic.com/claustrophobia/
・メンタルヘルスONLINE 不安障害・パニック障害
http://www.k4.dion.ne.jp/~care/pd-inf.html
・セロトニンの合成に必要な食事とは?
http://www.skincare-univ.com/recipe/bihada/article/002274/
・ビタミンB6
http://www.eiyoukeisan.com/calorie/nut_list/vitamin_b6.html

【参照サイト】
・https://www.toranomon.gr.jp/departments/c_internal/psychiatry/
・http://www.cbtjp.net/cure/

栄養ある食事にサプリメントをプラスすることで飛躍的な子供の成長が期待できます。
子供の身長応援サプリ選びで悩んだら子供の栄養サプリ徹底比較! 成長期に一番おすすめなのはどれ? こちらの記事で徹底比較しているのでぜひチェックしてみてください!