広告




中学生になっても身長が低い、伸びないと悩む子供にしてあげられること




子供も中学生になると身長や体格も大きくなり、精神的にもどんどんたくましくなっていきます。
部活動も本格的なトレーニングが増えてきて、レギュラー争いも熾烈なものになっていきます。また、しっかりとした交友関係も構築され、異性との関わりも増えてくる時期でもあります。

そのような「部活」であったり「友達」であったり「異性」との時間において「身長が低い」というのは大人が思っているよりもずっとストレスになってしまうのです。その「身長が低い」という状態はコンプレックスとなり、精神的にも暗くなりがちになります。
また、スポーツ関係の部活ではその身長の低さゆえにレギュラー争いから脱落したりするかもしれません。

この記事ではそんな「中学生になっても身長が低い」子供にしてあげられることを紹介していきたいと思います。

身長

中学生の平均身長

中学1年生男子 155.1㎝  女子 153.1㎝

中学2年生男子 161.7㎝  女子 155.6㎝

中学3年生男子 166.2㎝  女子 156.8㎝

中学生の平均身長を見てみるとやはり男子の身長の伸びが大きいことがわかりますね。
女子が緩やかに身長が伸びていくのに対して、男子は1年間で5㎝以上伸びるなど、その成長速度には驚かされます。

特に身長が伸びる高さの大きい男子において、「もし自分だけ身長があまり伸びなかったら」と考えると恐ろしいですよね。
まわりの友達や部活の先輩後輩。
どんどんと伸びていく友達や部活の先輩後輩を目の前で見ながら過ごす学園生活はとても精神的につらいことでしょう。

勉強以外のすべての部分で身長の低さがハンデになってしまう

女の子の場合、身長が低いというのは「小さくて可愛い」と思われることも多いのでそれほど大きなストレスは感じないかもしれません(モデルさんのようになりたいと思っている女の子の場合は身長の低さがコンプレックスになるかもしれませんが)
男子の場合はやはり身長が高くなりたいと強く願っていますし、実際に女性は身長の高い男性に魅力を感じることが多いともいわれています。

そしてやはり一番身長が低いことで影響があるのがスポーツではないでしょうか。
サッカー、野球、バスケットボール、バレーボールなど、様々なスポーツにおいて体格の小ささは不利になります。
もしあと5㎝身長が高ければライバルに勝てるのに」「あと5㎝高ければレギュラーに選ばれたのに」と悔しい思いをしている中学生も多くいるのではないでしょうか。
スポーツにおいては「1㎝でも身長が高いほうが良い」と思われることが圧倒的に多いのも事実だと思います。

身長の低い、身長の伸びない中学生にしてあげられること

自分の子供であったり、知り合いの子供であったり、親戚の子供であったり、「身長が低くて伸びないと悩んでいる中学生」がもし身近にいるのであれば、あきらめずに少しでも成長に役立つ情報を教えてあげたり、成長につながる栄養ある物をあげたりするのも良いのではないでしょうか。

僕は身長が低い、身長が伸びない」と思い詰めることが一番よくありません

気持ちを楽にするためにも、「成長につながるためにするべきこと」を毎日しっかりやっているぞと思うために努力するように勧めましょう。

「しっかりとした睡眠をとって」「たくさん栄養をとって」「適度な運動をする」

※運動と睡眠についての記事子供にしっかり運動と睡眠を取らせて身長を伸ばす! も参考にどうぞ。

そんな「睡眠」「栄養」「運動」をしっかり行いながら、身長応援サプリや飲料を継続して飲んでみる。気持ちを楽に毎日を過ごす。

身長を伸ばすにはもうこれに尽きます!

まわりに身長が低くて悩んでいる中学生がもしいたならば、変なプレッシャーを与えずに、やれるべきことをしっかりサポートしていくようにしましょう。

栄養ある食事にサプリメントをプラスすることで飛躍的な子供の成長が期待できます。
子供の身長応援サプリ選びで悩んだら子供の栄養サプリ徹底比較! 成長期に一番おすすめなのはどれ? こちらの記事で徹底比較しているのでぜひチェックしてみてください!