広告




子供に必要な栄養の代表格「にんじん」の栄養素とにんじん嫌いでも食べられる調理法




子供の嫌いな食べ物でも上位にランクインする「にんじん」

いろいろな料理に登場する「にんじん」
カレーやシチュー、煮物や炒め物など、料理をするママさんにとっては必ず冷蔵庫のお野菜室に常にあってほしい食材でもありますよね。

しかし、免疫力を高めてくれるこの食材はなかなか子供に好かれていない食材でもあります
給食でにんじんだけ残してしまったなんてこともよく聞きますよね。

この記事では「栄養素は高いけど嫌いな子が多いにんじん」の豊富な栄養素やおすすめ料理などを紹介していきたいと思いますので、ぜひ毎日のお料理ににんじんを取り入れていただきたいと思います。

にんじん

まずはなぜにんじんが嫌いなのか?その原因を考えてみましょう

・味が嫌い

意外と大人になってもにんじんが苦手という人も多いようですが、根本的に「味が嫌い」という理由が結構多いようです。
生で食べるとくさみが口の中に広がるし、煮込み料理などは変に甘さが出てきて食感もグニャグニャとしていてまずいという意見があります。

にんじんは煮込むと甘みが増しますが、その甘さが逆に苦手という人が多いみたいですね。

・色が嫌い

にんじんの色というと、鮮やかなオレンジ色ですよね。
様々な料理にアクセントとなるその色は、他の食材では出せない鮮やかな色合いです。

その色合いは様々な料理の彩りをワンランク上に仕上げてくれるのですが、にんじんが嫌いな子供にとってはその「色」そのものが苦手なことが多いのです。

なぜその色が受け付けられないのでしょうか。
人参以外の食材は、優しい緑だったり薄い茶色だったり、控えめな色合いのものが多いのですが、にんじんは「鮮やかすぎるオレンジ」なので食欲が沸かない、というか食材として受け付けられないという感覚になるようです。

にんじんの優れた栄養素

にんじんの栄養素といえばこのカロチン。特ににんじんにはベータカロチンが豊富に含まれています。
このベータカロチンは動脈硬化や心筋梗塞、ガンを抑制する効果があると言われる栄養素です。

英語名の「キャロット」はこの「カロチン」という言葉が由来となっているとも言われているのです。

その他にも肌荒れ防止や眼精疲労、ドライアイなどに効果的なビタミンAも豊富に含まれていますし、ペクチンという食物繊維が多く含まれているのでダイエット効果も期待できます。

さらにカリウムも含まれているため血圧の改善などにも役立ちます。

子供がにんじんを食べるべき最大の理由は「免疫力を活性化して風邪を予防する効果がある」ことです。

しっかりと健康的な成長を促すためには毎日の食事ににんじんを取り入れることは必須と言えるのです。

にんじん嫌いな子供にどうやって食べさせればいいの?

見た目が苦手というお子さんにはなんといっても「ミニキャロット」がおすすめだと思います。
とにかく普通のにんじんよりもとっても可愛い見た目なので、子供がその見た目に食いつく確率は結構高めだと思います。

家庭菜園でも簡単に作れるのがミニキャロットの良いところでもあるので、お子さんと一緒にミニキャロットを育てることでさらに食べてくれる確率は上がるのではないでしょうか。

また、その食感や味が苦手という子供には工夫した料理で食べさせるしかありません。

「幼児のおやつ☆ニンジンのたまご蒸しパン」

出典:cookpad

「こども麻婆豆腐」

出典:cookpad

上記のようなにんじんを使った子供が食べれそうなレシピがクックパッドにはたくさん掲載されていますので、人参レシピの参考にしてはいかがでしょうか。

また面白いサービスとして目的やレベルに応じた料理のカメラ教室を運営している「サイタカメラ教室」では現在無料体験レッスンを受け付けているので、お子さんのためにも料理の腕前をUPさせてみてはいかがでしょうか。

サイタカメラ教室公式サイトはこちら↓


初心者大歓迎のカメラ教室

まとめ

とても栄養価の高い「にんじん」ですが、嫌いな子供も多くいるのが現状です。
その見た目や食感、匂いなど、にんじんの何が嫌いなのかをしっかりと見極めて、料理を工夫することでにんじんが食べられるようになる確率はとても高くなるはずです。
子供の成長にとって「しっかりとした栄養を摂取する」というのは非常に重要なので、ぜひ頑張って挑戦していただきたいと思います。

また栄養ある食事にサプリメントをプラスすることで飛躍的な子供の成長が期待できます。
子供の身長応援サプリ選びで悩んだら子供の栄養サプリ徹底比較! 成長期に一番おすすめなのはどれ? こちらの記事で徹底比較しているのでぜひチェックしてみてください!