広告




子供の気管支喘息とは?咳などの症状を改善できる食事や食材




本当につらい「子供の喘息」症状をやわらげる方法はあるの?

空気が乾いた場所や、空気がよどんでいる所で子供が急に咳をすることがありますか?
その場合、気管支の炎症を疑った方が良いケースも中にはあります。
そして、特に苦しいのは「気管支喘息」と呼ばれる病気です。
この病気は特に子供の時期にかかりやすく、埃や喉の乾燥諸々からくる外部の刺激に対して、気道が敏感になっていく、慢性炎症のことを指します。

子供の咳

子供の気管支喘息の症状を和らげるにはまず、発作を起こさないように心がけることが大切です。
喘息発作を繰り返し引き起こしてしまう事で、気道が敏感になっていき、さらなる発作を招いてしまう……そういった悪循環に陥ってしまいます。
そのため、気道を刺激しやすい、冷たい空気や、激しい運動、タバコの煙などを意識し、なるべく避けられるものは避けましょう。

また、処方されているお薬をきちんと内服することも大切です。
予防の為に用いられるお薬は、慢性炎症を改善したり、アレルギー症状を引き起こしにくい状態にする効果が期待できます。その為、発作が引き起こされていなくとも、むしろそういった状態だからこそ、日ごろからきちんと内服しておく必要があります。
もちろん、直接発作を抑えるお薬もありますが、日ごろから予防薬で発作を抑えている形が理想といえるでしょう。

そして、お薬だけでなく、普段の生活と密接に関わってくる食事も、とても大切な要素を含んでいます。
気管支喘息に良いとされている食材は、ブロッコリーやシソやきのこ、青のり、黒豆、じゃがいも、レンコン、ニラ、にんにくが挙げられます。

子供は野菜があまり好きではない子が多いと思いますが、なるべく美味しく食べられるように工夫してみましょう。

逆に、悪い効果をもたらす食べ物は、果物だとメロン、キウイ、グレープフルーツ、調味料ではコショウ、わさび、唐辛子といった、刺激をもたらす類のものです。
他にも、牛、鳥、豚の肉も取り過ぎは控えましょう。魚肉も、背の青いもの、脂分の多いものは避けるようにしてください。
そして、冷たい飲み物は気道を刺激してしまいます。熱すぎる飲み物もおすすめできません。なるべく常温か、多少温度が下がった飲み物を飲むよう、心がけましょう。

食材は、ブロッコリーだと温野菜として食卓に出すこともできます。シソはご飯に混ぜる形で食べやすくなりますね。そして、風邪にも効きやすいと言われている、大根おろしの汁と蜂蜜をまぜた飲み物は、喉の痛みなどを和らげるのに効果的です。咳に悩まされているときは、ぜひこの、大根おろしの汁と蜂蜜をまぜた飲み物を飲んでみる事をおすすめします。
じゃがいもは、煮たモノをすりつぶしてマッシュポテトにしたり、スープを作って飲むことで効果が得られます。
他にも、ニラやレンコンは味噌汁に入れることで、食べやすくなりますし、大根も含めてサラダにすることもできます。
レンコンやニラをハンバーグに入れて調理すると、お子さんも食べやすいかもしれません。お肉は、食べ過ぎに注意、なので、毎日ではなく、週に何回かの割合で食卓に出すと良いでしょう。また、カリンという果物をはちみつ漬けにした飲み物もまた、喉の痛みへの効果が期待できます。
大根おろしの汁と蜂蜜の飲み物を嫌がるお子さんには、カリンのはちみつ漬けの方が飲みやすいかもしれません。

気管支喘息と気管支炎の違いについて

気管支喘息と気管支炎は同じような名称ですが、その症状や治療法は同じではありません。

まずは気管支喘息ですが、一般的に「喘息」と呼ばれているものが「気管支喘息」となります。咳や痰があり、呼吸をするたびにヒューヒューゼーゼーと音が鳴ることが多くなります。とにかく呼吸をすることが苦しくなり症状が重くなると意識を失ってしまうこともあります。指先や唇が紫色に変色していたら要注意です。「チアノーゼ状態」に陥っている可能性が高くなります。
気管支喘息になってしまう原因は様々ありますが、仕事などからくる精神的ストレスや喫煙や激しい運動等により発症することもあるようです。
そして気管支喘息の最大の原因は「ダニやハウスダストなどのアレルギー」によるものが大半を占めています。気管支喘息になってしまったら、まずは部屋の空気を空気清浄機などできれいにして、布団や枕なども清潔にするようにしましょう。室温や部屋の空気の換気をしっかりと行う事で、ダニの発生を抑えることも重要となります。

気管支炎については、風邪などのウイルスの感染によって気管支に炎症がおき、咳や痰などが発症する症状です。気管支喘息と違い呼吸困難などにはなりませんが、こじらせてしまうと数ヶ月~半年以上症状が続く「慢性気管支炎」になってしますこともあります。

子供の時期に気管支炎にかかってしまうと半年以上も治らない慢性気管支炎になる可能性もありますので、症状が軽いうちに対処が必要です。

この気管支炎の辛いところは、何もしていない普段の時も少し咳が出ますが、他者と話をしている時に咳が出やすく、咳が続くことでさらに気管支の炎症が悪化し、治るまでの期間が長引いてしまうのです。子供の学校や職場など、人と話さなければいけないシチュエーションは多いので、気管支炎を発症してしまった人には毎日が辛く憂鬱になってしまうことも多いでしょう。
この気管支炎の症状を改善するには、やはり気管支喘息と同じくきれいな空気や布団や枕を清潔にするなど身の回りの環境に気をつけることが重要です。
そしてなにより、あまり喋らず気管の炎症が悪化しないようにするのが最も良い改善法となるのではないでしょうか。