広告




子供の身体能力と運動神経を伸ばす方法!乳幼児の期間にできること!




愛する我が子には多くの才能があればいいなとみなさん思いますよね。
世界で活躍するプロスポーツ選手や音楽家、ダンサー、パティシエやシェフ、アーティストなど、様々な分野で活躍する人たちはどのようにして一流に育っていったのでしょうか?
確かに生まれ持った才能も大いに関係しているはずです。
一流の能力を持った人間の子供はやはりとてつもない才能を秘めていることが多いのも事実です。

しかし、本当に才能だけが全てなのでしょうか?

いかんともしがたい才能の違いはあると思いますが、子供が持っている才能を最大限に伸ばしてあげることで、才能が有る子供は世界で勝負できる偉大な人物に、そこそこの才能の子供でも最大限にその能力を引き出してあげればプロになれるかもしれません。

この記事では、子供の身体能力と運動神経を最大限に伸ばす方法を紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

身長

身体能力と運動神経を伸ばすために産まれてから1歳までにするべき事

生まれて1年間は身体も非常に小さく、未発達なので注意が必要です。
寝るための掛け布団でさえ呼吸不全で死に至ってしまうほど無力ですし、ハイハイや掴まり立ちができるようになっても、転んでしまうことも多いはずです。

この産まれてから1歳までの間はとにかくたくさんのスキンシップを取ることが重要になってきます。

現代は共働き夫婦が多く、毎日忙しい人が多いのですが、可能であれば産休などを利用して、ゆっくりと赤ちゃんと過ごす時間を作ることがベストだと思います。

赤ちゃんの顔や手、お腹や足などたくさん触って、笑顔で話しかけることで「とても楽しい」という感覚を体験することができます。
このベビーマッサージは神経系の発達において特に重要なポイントとなりますので、たくさん触って赤ちゃんを喜ばせてあげましょう。

半年までの乳児はあまり無理は禁物ですが、お散歩などをして、お花や木、お空や雲などを見せてあげるなど、視覚に刺激を与えてあげることも重要です。
とにかくママは笑顔で、「楽しいな」という体験をたくさんさせてあげましょう。絵本の読み聞かせなどもとても効果的ですし、五感を刺激するおもちゃでたくさん遊ばせることも神経系の発達に役立ちます。

身体能力と運動神経を伸ばすために1歳~4歳の幼児期にするべきこと

1歳を過ぎた頃から、子供はどんどん自分の体を動かしたりコントロールすることができるようになってきます。
乳児の頃は目の前にあるオモチャで遊んだりする程度だったものが、走り回ったりジャンプしたり、でんぐり返ししてみたり、「とにかくよく動く」のがこの年代の特徴ではないでしょうか。

この幼児期は子供の身体能力と運動神経を伸ばす上で特に重要な期間といってもいいかもしれません。

保育園や幼稚園に通う前の時期では、なるべく公園や広場に遊びに行き、ブランコや砂場、滑り台やボール遊びなどたくさん遊ばせましょう。

ポイントとしてはママやパパも一緒になって笑顔で遊ぶこと。
親も一緒になって遊ぶことで子供は精神的にもたくさんの刺激を受け、成長の促進に繋がります。

注意点としては、日差しが強い日や気温の高い時間、またとても寒い冬の午前中や夕方、風の強い日などはあまり長時間遊ばないこと。
このように外で遊べない日は室内遊びに切り替えましょう。

室内で遊べる最強アイテム「トランポリン」と「プレイマット」

お外が雨や強い風、暑かったり寒かったりするとなかなか公園等に遊びにはいけませんが、そんな時は「室内遊び」に切り替えましょう。

とは言っても、お部屋の中でお外と同じように走り回ったり、ボール遊びをしたりすることはできませんよね。

そこでぜひ試していただきたい遊びが「トランポリン」と「プレイマット」です。

トランポリンで遊ぶことでバランス感覚が養われます。そして、飛ぶためにしっかりとヒザを使うので、運動に適したヒザの使い方が身に付きます。
ある番組で「ヒザ神」というヒザを曲げて運動できないお笑い芸人がいますが、幼少期でトランポリンをしていれば「ヒザ神」になることはまずないでしょう(笑)

また、トランポリンは関節への負担があまりないという点も子供の遊びに適していると言える要因です。

とらんぽりんで遊ぶことで「体幹」が鍛えられることも子供の能力を伸ばすために非常に有効なポイントだと思います。

そして「プレイマット」は多種多様な運動ができるメリットと、転んでもそのクッション性で怪我をしにくい」というメリットがあります。

でんぐり返しや側転などが家の中でできるというのは子供の運動神経や身体能力を伸ばすためのかなりのプラスポイントになるといえるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
乳児期では「たくさん触って五感を刺激してあげること」、幼児期では「毎日いろいろな運動をさせて神経系の発達を促進してあげること」が重要だといえます。

そして最も重要なポイントは「親も笑顔で接して子供に楽しいという気持ちを持ってもらうこと」ではないでしょうか。

忙しい暮らしの中で毎日子供の運動時間を作ってあげることは大変なことだとは思いますが、この乳幼児期は「子供の運動神経や身体能力を伸ばす」重要な期間ですので、頑張って時間を作ってあげてみてはいかがでしょうか。

また栄養ある食事にサプリメントをプラスすることで飛躍的な子供の成長が期待できます。
子供の身長応援サプリ選びで悩んだら子供の栄養サプリ徹底比較! 成長期に一番おすすめなのはどれ? こちらの記事で徹底比較しているのでぜひチェックしてみてください!